メインメニューを開く
歌川広重『東海道五十三次・袋井』

袋井宿(ふくろいしゅく、ふくろいじゅく) は旧東海道宿場で、東海道五十三次の宿場の数では江戸から数えてもから数えても27番目で中間点にあたる。他の宿場より少し遅れて元和2年(1616年)までに整備された。

現在の静岡県袋井市中心部にあたる。周辺に遠州三山をはじめ歴史ある寺や神社が点在し、それらのいわば門前町の形で栄えた。

最寄り駅編集

史跡・みどころ編集

隣の宿編集

東海道
掛川宿 - 袋井宿 - 見附宿

関連項目編集