被害妄想(ひがいもうそう、英語: Persecutory delusion)とは、妄想性障害のひとつであり、自分に被害もしくは危害が及ばされていると確信している妄想[1]

妄想性障害においては典型的な症状であり、その訴えは明快で論理的であり体系化されている[1]。怒りの対象に対して行動化をとり、訴訟を起こしたり、ときには攻撃・殺害したりすることもある[1]

一方で統合失調症などに見られる被害妄想は、それと対照的である[1]

対処方法編集

それは妄想である、と言い聞かせる事はうまく行かない場合が多い[2]。妄想には触れずに妄想の結果である不安や不眠等に対処するのが良いとされている[2]。それでもうまく行かない場合は最後の手段として強制入院させる方法がある[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d B.J.Kaplan; V.A.Sadock 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』 (3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.7.4。ISBN 978-4895928526 
  2. ^ a b c 妄想への対処法は直球より変化球”. 精神科医 林公一 (2017年9月15日). 2017年12月3日閲覧。

関連項目編集