メインメニューを開く

袴田 巖(はかまだ いわお、1936年昭和11年)3月10日 - )は、日本の元プロボクサー世界ボクシング評議会名誉チャンピオン

袴田 巌
基本情報
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1936-03-10) 1936年3月10日(83歳)
出身地 静岡県浜名郡雄踏町(現浜松市西区
プロボクシング戦績
総試合数 29
勝ち 16
KO勝ち 1
敗け 11
引き分け 2
テンプレートを表示

冤罪の可能性が取り沙汰される「袴田事件」の被告人。2014年に死刑執行停止・釈放されたが、無罪判決が出ているわけではないため、現在も「死刑囚」という扱いになっている。

人物編集

静岡県浜名郡雄踏町(現浜松市西区)生まれ。中学卒業後にボクシングを始め、アマチュアでの戦績は15戦8勝(うちノックアウト7)7敗。1957年 静岡国体に成年バンタム級出場。

プロボクサーをめざし、1959年に上京して不二拳闘クラブに入門し、岡本不二に師事する。1959年11月にプロデビューし、全戦績は29戦16勝(1KO)10敗3分[1]で最高位は全日本フェザー級6位[1]1961年5月、身体の不調のためプロボクサーを引退する。年間19戦は日本最多記録[1]

再起を期しつつ、静岡県清水市(現静岡市清水区)横砂の有限会社王こがね味噌橋本藤作商店(1972年に「株式会社富士見物産」と改称)に就職[2]

1966年6月30日に同社専務宅で強盗放火殺人事件(袴田事件)が発生、8月18日容疑者として静岡県警察逮捕された。当初は無実を主張したが、警察の取調べに耐えかねて自白をして調書を取られた(自白調書は1通を除いた44通は裁判所で証拠採用されなかった)。公判では一貫して無実を主張したが、1980年12月12日最高裁判所死刑確定。弁護団による2度の再審請求などを経て、2014年3月27日静岡地方裁判所が再審開始と死刑及び拘置の執行停止を決定、東京拘置所から釈放された。同年3月31日静岡地方検察庁東京高等裁判所即時抗告2018年6月11日、東京高裁は再審開始を認めない決定を出した[3]。東京高裁は拘置の執行停止は取り消さなかったため釈放は維持されたが、袴田は現在なお死刑囚のままである。

1992年8月15日、袴田巌さんを救う会編『主よ、いつまでですか : 無実の死刑囚・袴田巌獄中書簡』が新教出版社から出版される[4]

2003年3月10日、保坂展人衆院議員と面会。弁護士とは12年振りの面会と成る。国を相手に勝訴し5億円の賠償金を手に入れたと思い込む、袴田巌を吸収した全能の神を自称する、姉を姉の偽者として疑う等の精神面の不調を見せる[5]

2010年5月29日、事件と裁判を描いた映画『BOX 袴田事件 命とは』を公開。

2014年4月6日の大田区総合体育館にて、世界ボクシング評議会(WBC)認定名誉王者のチャンピオンベルトが贈られた[6][7]。5月19日に後楽園ホールで行われた「ボクシングの日」ファン感謝イベントに本人が来場し贈呈式が催された[8]

2016年2月、映画『袴田巌 ―夢の間の世の中―』を公開[9]

2018年7月、映画『48 years - 沈黙の独裁者』が熱海国際映画祭で特別賞を受賞、同年12月、浜松で公開。

出演編集

映画編集

テレビ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 史上二人目。WBCが袴田巌氏に「名誉チャンピオンベルト」授与 Sportiva
  2. ^ 袴田巌さんのプロフィール 無実の死刑囚・元プロボクサー袴田巌さんを救う会
  3. ^ 高裁「DNA型鑑定、信用できぬ」 袴田さん釈放は維持”. 朝日新聞 (2018年6月11日). 2018年6月12日閲覧。
  4. ^ 主よ、いつまでですか|新教出版社
  5. ^ 12年ぶり!! 弁護団と保坂衆議院議員と袴田さんとの面会が実現しました。”. 平成30-08-07閲覧。
  6. ^ 袴田巌さんに名誉チャンピオンベルトを贈呈 朝日新聞社公式YouTubeチャンネル 2014年5月19日公開
  7. ^ “袴田巌さんにWBCベルト授与”. 中日新聞社. CHUNICHIWEB. (2014年4月7日). http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20140407/CK2014040702000079.html 2014年4月7日閲覧。 
  8. ^ 袴田さん、聖地・後楽園に帰る WBC名誉チャンピオンベルト贈呈 スポーツ報知 2014年5月20日
  9. ^ ドキュメンタリー映画 袴田巌 夢の間の世の中
  10. ^ ふたりの死刑囚”. キネマ旬報映画データベース. キネマ旬報社. 2018年11月10日閲覧。
  11. ^ 袴田巌 夢の間の世の中”. キネマ旬報映画データベース. キネマ旬報社. 2018年11月10日閲覧。
  12. ^ 獄友”. キネマ旬報映画データベース. キネマ旬報社. 2018年11月10日閲覧。
  13. ^ 第25回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品 『死刑囚と姉 -袴田事件50年-』(制作:テレビ静岡)”. フジテレビ. 2018年11月10日閲覧。
  14. ^ 我、生還す -神となった死刑囚・袴田巖の52年-”. 日本テレビ. 2018年11月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集