メインメニューを開く

裏切り」(うらぎり)は『薔薇族1984年4月号に掲載された山川純一の一話完結の漫画である。

あらすじ編集

同性愛者のサラリーマンである川島洋二は、上司の口利きで妻の早苗と結婚したが、性交渉を持とうとせず夫婦仲は冷えきっていた。早苗と都合よく別れたい洋二は隣人の佐伯輝之と結託し、早苗の浮気現場を押さえることに成功する。作戦終了後、洋二は輝之とのホモセックスに臨むが、輝之の男性器に塗られていた毒にあたり倒れる。そこに現れた早苗の不敵な笑み。すべては浮気を悲観した焼身自殺に見せかけて洋二を殺すための二重の裏切りだった。

登場人物編集

川島洋二(かわしま ようじ)
サラリーマンで、主人公。ホモ。本当は結婚願望すらなかったが、部長の口利き&出世の為に早苗と結婚した。輝之とは恋人関係にあったようで、輝之が早苗と乳繰っている場を演出し、慰謝料無しで離婚させる作戦を提案されそれを実行。だが、実は早苗と手を組んでいた輝之に殺害された。
佐伯輝之(さえき てるゆき)
洋二と同じアパートに暮らす大学生で、早苗の浮気相手。普段から川島家とは交友がある。早苗に頼まれて洋二とセックスする、両刀。早苗の作戦を受け入れて洋二に偽装の作戦を持ちかけ、その後男性器を咥えさせることで洋二を毒殺した。サーフィンが趣味。ちなみに口にすることで即死させるほどの猛毒物は男性器に塗れば危険であり、現実的にはありえない。
川島早苗(かわしま さなえ)
洋二の妻。夫のセックスレスに愛想が尽き、ついに夫殺しを輝之に依頼する。洋二に離婚と慰謝料を要求し、殺害後は夫の保険金で豪華マンションで輝之と暮らすことを画策する。輝之の子供を身篭っている。