メインメニューを開く
裏投の実演

裏投(うらなげ)は、柔道で用いられる投げ技の一種である。IJF略号UNA

概要編集

元来は柔道の技であり、投技真捨身技5本の1つである。

投げの形は投の形の真捨身技の2本目にある。

基本形はプロレス技でいうバックドロップとほぼ同じ形になる。

スープレックスと違い胴をクラッチしていないため、サルト系の技である[要出典]

右組の場合は相手の右後方へと回り込んで左手で相手の腰を抱えて右手を相手の右脇下から通して左襟深くを持つ。

この体勢から腰と膝のバネを生かして相手を持ち上げて自身も後方へと倒れこみつつ体を軽く捻って相手を自身の左後方へと投げる。

試合において、相手が安易に奥襟をとりに来た場合の組際や背負投跳腰内股払腰など相手が前回りさばきで背を見せる技を仕掛けてきた際に使用されている。

相手の体重を、そのまま持ち上げる強い膂力と足腰が必要となるため、大柄な選手が得意技とする場合が多い。

ただし、持ち上げによる相手の無力化が不十分であると小内刈等を合わせられて逆にポイントを奪われる危険性もある。

肩車の動作で担ぎ上げず後ろに投げる方法もある。

掛け方にもよるが受ける側は十分な受身の取れないまま落ちる場合があり、頸椎や肩などを痛めやすい。

このため日本では安全性に配慮して小学生の使用が禁止されている[1]

真捨身技分類されるように真後ろに倒れ込むのが基本であるが試合や乱取り練習では横捨身技のように体を捻りながら横向きへと倒れ込む場合もある。

裏投の名手として斉藤仁グリゴリー・ベリチェフがいる。

抱捨身編集

抱捨身(いだきすてみ)は両手で相手の横帯を取り、胸を合わせて体を捻りながら斜め後ろに反り投げる裏投[2]

歴史編集

佐村嘉一郎は裏投について著書で「明治時代に於いては竹内三統流の裏投と言えば各流派も一目置いたと言うことであった。

なぜ一目置いたかというと「1度、相手の体に抱きついたが最後、決して離れないで投げられた」と語っている。

他の競技への派生編集

サンボ編集

ロシアの格闘技であるサンボにおいても使用されている。

膠着した際の崩し技としての利用やタックル(テイクダウン)からの連携など、裏投が有効な局面も多い。

これについてはサンボのルールは柔道と比較して胴衣をつかむ行為に関する制限が少ないことが要因として挙げられる。

レスリング編集

レスリングには反り投げと呼ぶ技がある。

プロレス編集

プロレスではロシア遠征でサンボ修行を行った馳浩飯塚高史が裏投を体得して日本に持ち込まれた。

他には柔道家のショータ・チョチョシビリアントニオ猪木との異種格闘技戦でチダオバ流裏投3連発で猪木からKO勝ちしたことで脚光を浴びた。

プロレスは基本的に上半身は無着衣であるため、側面から相手の脇下へ頭を潜り込ませるようにして組み付き、片腕で首の付け根あたりを、もう片方の腕で腰を抱える。

主な使用者編集

派生技編集

ブリザード・スープレックス / エクスプロイダー

裏投げのように片腕では相手の首根っこ辺りを抱えるが、もう片方の腕は相手の腿を抱え、スープレックスの要領で真後ろへ投げる技。いわば縦回転式の裏投げ。飯塚高史は「ブリザード・スープレックス(通称・ブリザード)」、秋山準は「エクスプロイダー」として使用し、他のレスラーが使用する際の名称は任意となっている[3]。ブリザードは元々はクラッチを解かずにブリッジしてホールドする技(ブリザード・ホールド)であるが、投げっぱなしのブリザードも用いられるようになり、エクスプロイダーと同型になった。

ロック・ボトム

裏投げが相手の側面から抱え込むのに対し、正面から相手の首根っこと腰辺りを抱え込んでから上方に抱え上げて、前方に倒れ込みながら相手を背面からマットへ叩き落とす技。ザ・ロックが考案者で、この他にも平井伸和ブッカー・Tが使用。

デス・クローク

齋藤彰俊が得意とする技。別名は裏落とし。裏投げの体勢で抱え上げた後、そのまま下方へ投げ捨てて背面からマットへ叩き付ける。エゼキエル・ジャクソンブック・オブ・エゼキエルの名称で使用していて、旧名は日本語そのままでウラナゲであった。

脚注編集

  1. ^ 講道館柔道試合審判規定・少年規定第35条(禁止事項)内。「小学生の場合は、裏投を禁止する(注意以上)」
  2. ^ 嘉納行光川村禎三中村良三醍醐敏郎竹内善徳『柔道大事典』監修 佐藤宣践アテネ書房、日本 東京(原著1999年11月)、34頁。ISBN 4871522059。「抱捨身」
  3. ^ ブリザード=中山香里、エクスプロイダー=永田裕志横須賀享など