裏松家(うらまつけ)は、藤原北家日野家烏丸庶流公家華族である。公家としての家格名家、華族としての家格は子爵[1]

裏松家
家紋
鶴の丸つるのまる
本姓 藤原北家日野家烏丸庶流
家祖 裏松資清
種別 公家名家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京市渋谷区代々木山谷町
著名な人物 裏松光世(固禅)
支流、分家 松波家地下家
凡例 / Category:日本の氏族

家の歴史 編集

室町時代 編集

元々は室町時代前期に、烏丸家宗家筋にあたる日野家において裏松資康を祖とする庶流が家号の「裏松」で称されることがあった[2]。 日野家嫡流を継いだのは資康の弟・資教であったが、その長男・有光は将軍・足利義持との確執が原因で没落、跡を継いだ次男(有光弟)の秀光、その養子・春龍丸も相次いで亡くなり、春龍丸の実父・広橋兼郷が一時「日野中納言」を称して家督と所領を継承していた(広橋家も鎌倉時代前期に日野家から分かれた庶流)。有光も禁闕の変で子の資親と敗死したことで日野宗家は一時断絶となった[3]

一方の裏松家からは足利将軍家御台所を4名(業子康子栄子宗子)、足利将軍の生母を1名(栄子)輩出している[4]が、後に裏松家の当主であった勝光(資康の玄孫・日野富子の兄)が、兼郷の逝去(1446年)後断絶していた日野家宗家の家督を継承[5]して子孫に伝えたために、裏松家の系統(裏松資康 - 重光 - 義資 - 重政 - 勝光)が日野家の嫡流扱いを受け、今日では「日野」で称されることが多い[6]。  

江戸時代 編集

江戸時代に入って権中納言烏丸光賢の次男・参議資清が分家して再び「裏松」の家号が復活することとなった。

江戸時代石高は130石[7][注釈 1]

光世(固禅)有職故実家として知られる。宝暦事件連座永蟄居となったが、この間に『大内裏図考證』を著した。この大内裏の考証は天明8年(1788年)の皇居焼失に際し、老中松平定信の指揮による皇居再建に当たって古式に則った再建に大きな役割を果たした。

明治時代以降 編集

明治維新後の明治2年(1869年)6月17日の行政官達で公家と大名家が統合されて華族制度が誕生すると浦松家も公家として華族に列した[8][9]。明治17年(1884年)7月7日の華族令の施行で華族が五爵制になると、同8日に大納言直任の例がない旧堂上家[注釈 2]として良光子爵に叙された[1]陸軍少佐貴族院議員を務めた。友光も貴族院議員を務めた[11][12]

友光の代に浦松子爵家の邸宅は昭和前期に東京市渋谷区代々木山谷町にあった[12]

系譜 編集

実線は実子、点線(縦)は養子。
烏丸光賢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資慶
烏丸家
裏松資清1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資直意光2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
益光3交野惟粛
 
 
 
祐光4
 
 
 
光世5[13]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
謙光6[14]恭光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明光7堀河親実
 
 
 
恭光8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勲光9勘解由小路資生
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
良光10水無瀬忠輔
 
 
 
友光11

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』によれば幕末期の裏松家領は、山城国相楽郡菅井村のうち50石、山城国相楽郡千童子村のうち80石であり、合計2村・130石。
  2. ^ 中納言からそのまま大納言になることを直任といい、中納言を一度辞してから大納言になるより格上の扱いと見なされていた。叙爵内規は歴代当主の中にこの大納言直任の例があるか否かで平堂上家を伯爵家か子爵家かに分けていた[10]

出典 編集

  1. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 329.
  2. ^ 裏松とは - コトバンク および 裏松家とは - コトバンク より。烏丸家の初代烏丸豊光は裏松資康の実子であるため、烏丸家そのものが(室町前期の)裏松家の分家筋と言える。
  3. ^ 以上日野有光の項を参照のこと。
  4. ^ この他宗子の妹・重子が、姉と離縁した足利義教の側室となって義勝義政を産んでおり、勝光の妹・富子が義政、良子義視(義政の異母弟)の正室となって、各々義尚義稙を産んでいる。
  5. ^ 日野勝光 - コトバンク より。
  6. ^ 橋本政宣編『公家事典』吉川弘文館2010年、「日野家」P412
  7. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)裏松
  8. ^ 浅見雅男 1994, p. 24.
  9. ^ 小田部雄次 2006, p. 13-14.
  10. ^ 浅見雅男 1994, p. 118.
  11. ^ 裏松家(名家)
  12. ^ a b 華族大鑑刊行会 1990, p. 257.
  13. ^ 烏丸光栄の五男
  14. ^ 四辻実長の次男

文献 編集

  • 浅見雅男『華族誕生 名誉と体面の明治』リブロポート、1994年(平成6年)。 
  • 小田部雄次『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 華族大鑑刊行会『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342 
  • 橋本政宣編『公家事典』吉川弘文館2010年
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館1996年
  • 近藤敏喬編『宮廷公家系図集覧』東京堂出版1994年
  • 小田部雄次『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 華族大鑑刊行会『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342 

外部リンク 編集