補間法(ほかんほう、英:interpolation method)

変数 x の関数 f(x) の形は未知であるが,ある間隔をおいた2つ以上の変数の値 x1x2,…,xn に対する関数の値 f(x1),f(x2),…,f(xn) がわかっている場合,x1xn の間にある任意の x に対応する f(x) の値の近似値を求める方法を,補間法,または内挿法という。上の場合,x1xn の外側にある任意の x に対する f(x) の値の近似値を求める方法を,補外法,または外挿法 extrapolationという[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 日本国語大辞典, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典,デジタル大辞泉,百科事典マイペディア,会計用語キーワード辞典,世界大百科事典 第2版,大辞林 第三版,日本大百科全書(ニッポニカ),精選版. “補間法(ほかんほう)とは” (日本語). コトバンク. 2020年6月30日閲覧。