メインメニューを開く

裸のランチ』(はだかのランチ、英語: Naked Lunch)は、1959年に出版されたウィリアム・バロウズの長編小説。また、それを原作として1991年に製作されたイギリスカナダの合作映画。

目次

ストーリー編集

本作には明確なあらすじは無く、非線形な物語であるが、それは作家としてバロウズの意図するところのようである。本書中のいくつかのイベントについては要約できる。

冒頭、ウイリアム・リー(リー・ザ・エージェントとも表現されるバロウズの別人格)の冒険が語られる。彼の旅は、アメリカにおいて警察の捜索から逃れるところから始まり、旅の途中で様々なキャラクターが登場する。

日本語訳編集

  • 『裸のランチ』鮎川信夫河出書房新社(人間の文学19)1965年
  • 『裸のランチ』鮎川信夫訳 河出書房新社(モダン・クラシックス)1971年
  • 『裸のランチ』鮎川信夫訳 河出書房新社(河出海外小説選16)1978年
  • 『裸のランチ』鮎川信夫訳(補訳山形浩生)河出書房新社 1992年 - 単行本の完全版
  • 『裸のランチ』鮎川信夫訳(補訳山形浩生)河出書房新社(河出文庫)2003年 - 完全版の文庫化

映画編集

裸のランチ
Naked Lunch
監督 デヴィッド・クローネンバーグ
脚本 デヴィッド・クローネンバーグ
原作 ウィリアム・バロウズ
製作 ジェレミー・トーマス
出演者 ピーター・ウェラー
ジュディ・デイヴィス
イアン・ホルム
ジュリアン・サンズ
ロイ・シャイダー
音楽 ハワード・ショア
オーネット・コールマン
撮影 ピーター・サシツキー
編集 ロナルド・サンダース
配給   松竹富士
公開   1992年4月24日
  1992年7月4日
上映時間 117分
製作国   イギリス
  カナダ
言語 英語
テンプレートを表示

原作を忠実になぞったものではなく、ウィリアム・バロウズの作品を元に再構成された、デヴィッド・クローネンバーグ監督のオリジナル作品というべきものとなっている。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

関連項目編集

外部リンク編集