裸民(らみん)は中国に伝わる伝説上の人種である。裸国(らこく)とも。古代中国では南方に位置する国に棲んでいたとされる。

概要編集

裸民人は衣服をまったく身につけていないといい、次のとおり中国の書籍に伝えられる。

淮南子編集

淮南子』墬形訓によると、裸民国羽民国や不死国の近くにあるという。

自西南至東南方,結胸民、羽民、歡頭國民、裸國民、三苗民、交股民、不死民、穿胸民、反舌民、豕喙民、鑿齒民、三頭民、修臂民 — 『淮南子』卷四 墬形訓[1]

呂氏春秋編集

呂氏春秋』の「貴因」によると古代中国の帝・(う)が各地を巡っていた際、裸民国に入るときはその習慣を尊重して従い、裸になって行ったという。

禹之裸國,裸入衣出,因也。 — 『呂氏春秋』卷十五 貴因[2]

三国志編集

三国志』の魏志倭人伝では以下のとおり記述される。

  • 女王から4000余里に裸国と黒歯国がある。東南に船で一年で着く。
去女王四千餘里又有裸國黒齒國復在其東南船行一年可至參問倭地絶在海中洲嶋之上或絶或連周旋可五千餘里 — 『三國志』魏書烏丸鮮卑東夷伝[3]第三十倭(魏志倭人伝[4]

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 袁珂『中国の神話伝説』上、鈴木博訳、青土社、1993年4月、351頁。ISBN 978-4-7917-5221-8