メインメニューを開く
現実性と仮想性の連続体の概念図。現実環境と仮想環境と、その中間の概念である複合現実が存在し、拡張現実と拡張仮想が内包されている。

複合現実(ふくごうげんじつ、: Mixed RealityMR)とは、現実空間と仮想空間を混合し、現実のモノと仮想的なモノがリアルタイムで影響しあう新たな空間を構築する技術全般を指す。ミクスト・リアリティ[注 1]複合現実感とも。

現実空間を主軸に仮想環境が点在する拡張現実 (AR、オーグメンテッド・リアリティ) と、現実空間を仮想環境が上書きする拡張仮想 (AV、オーグメンテッド・バーチャル) を包含する概念である。

空間整合性時間的整合性、光学的整合性など実空間と合致させる要素によって、その性質が評価される。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ あるいはミックスト・リアリティとも表記(発音)される。

出典編集

関連項目編集