襄公(じょうこう、紀元前?年 - 紀元前587年)は、の第13代君主。穆公の子で霊公の弟。

襄公 姫堅
13公
王朝
在位期間 紀元前604年 - 紀元前587年
都城 新鄭
姓・諱 姫堅
諡号 襄公
生年 不詳
没年 紀元前587年
穆公

生涯編集

穆公の子として生まれる。

霊公元年(前605年)、霊公が子公(公子宋)と子家(公子帰生)に殺されると、鄭の国人たちは霊公の弟である子良(公子去疾(きょしつ)、七穆のひとつ良氏の祖)を立てようとしたが、子良が断ったため、子良の勧めで子良の兄である公子堅を立てて鄭君(以降は襄公と表記)とした。襄公は即位するなり子公の一族である繆氏(ぼくし)を追放しようとしたが、去疾が反対したので取りやめにした。

襄公元年(前604年)、鄭が敵国であるの賄賂を受け取って宋の華元を釈放したため、が怒って鄭に攻撃してきた。そこで鄭は楚との同盟を破ってと和親した。

襄公5年(前600年)、ふたたび楚が攻撃してきたが、晋の援けによって防ぐことができた。

襄公6年(前599年)、卿の子家が卒去したため、国人たちは彼の一族を鄭から追放した。

襄公7年(前598年)、鄭は晋と鄢陵で盟を結んだ。

襄公8年(前597年)、鄭と晋が同盟したことを聞いた楚は鄭に侵攻し、鄭を包囲した。3ヶ月後、鄭は降伏し、ふたたび楚の影響下となった。襄公が楚の荘王に平伏して謝ったため、楚の荘王は鄭を許して軍を引いた。その時、鄭を救うべくやって来た晋が河水(黄河)を渡った。すると、それを聞きつけた楚が戻って来て晋を破った(邲の戦い)。

襄公10年(前595年)、前回の報復として晋が鄭を攻撃した。

襄公11年(前594年)、解揚という者が鄭を攻撃してきた。鄭は彼を捕えて楚に送ったので、楚から手厚い贈り物をもらった。

襄公18年(前587年)、襄公が薨去し、子の沸(ひ)が立って鄭君(悼公)となった。

参考資料編集

  • 史記』(鄭世家第十二)
先代:
霊公
君主
第13代:前604年 - 前587年
次代:
悼公