襄陽府(じょうようふ)は、中国にかつて存在した宋代から民国初年にかけて、現在の湖北省襄陽市一帯に設置された。

概要編集

1119年宣和元年)、北宋により襄州が襄陽府に昇格した。襄陽府は京西南路に属し、襄陽鄧城宜城穀城中廬南漳の6県を管轄した[1]

1274年至元11年)、により襄陽府は襄陽路総管府と改められた。襄陽路は河南江北等処行中書省に属し、録事司と襄陽・宜城・南漳・棗陽・穀城・光化の6県と均州に属する武当の2県と房州に属する房陵竹山の2県、合わせて1司2州10県を管轄した[2]1364年朱元璋により襄陽路は襄陽府と改められ、湖広等処行中書省に転属した。

のとき、襄陽府は湖広省に属し、直属の襄陽・宜城・南漳・棗陽・穀城・光化の6県と均州を管轄した[3]

のとき、襄陽府は湖北省に属し、襄陽・宜城・南漳・棗陽・穀城・光化の6県と均州を管轄した[4]

1913年中華民国により襄陽府は廃止された。

脚注編集

  1. ^ 宋史』地理志一
  2. ^ 元史』地理志二
  3. ^ 明史』地理志五
  4. ^ 清史稿』地理志十四