メインメニューを開く

西インド会社(にしインドがいしゃ、せいインドがいしゃ)は、大航海時代西インド諸島との貿易のためヨーロッパ列強諸国が建てた会社の総称。

歴史編集

1621年、当時の敵国スペインに対抗するためオランダで設立された。 1664年、同様にフランスでも設立された。だが、収入の減少と貿易の自由化のため、両国の会社とも1674年に活動を停止した。

1786年スウェーデンも、フランスから西インド諸島サン・バルテルミー島を借り受けて設立したが、効果が上がらず、1805年に閉鎖された。島も1878年フランスに返還された。

関連会社編集

関連項目編集