西インド連邦
West Indies Federation
バルバドス
ジャマイカ
トリニダード・トバゴ
イギリス領リーワード諸島
イギリス領ウィンドワード諸島
1958年 - 1962年
西インド諸島の国旗 西インド諸島の国章
(国章)
国の標語: To dwell together in unity
国歌: 女王陛下万歳
西インド諸島の位置
公用語 英語
首都 チャガラマス
君主
1958年 - 1962年 エリザベス2世

総督

 1958年 - 1962年



ヘイルズ男爵パトリック・ブキャナン=ヘプバーン
首相
1958年 - 1962年グラントレー・ハーバート・アダムズ
面積
1960年20,253km²
1962年20,239km²
人口
1960年3,117,300人
1962年3,264,600人
変遷
成立 1958年1月3日
消滅1962年5月31日
通貨イギリス領西インド諸島ドル
国際電話番号1-809(1958年)
先代次代
バルバドス バルバドス
ジャマイカ ジャマイカ
トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ
イギリス領リーワード諸島 イギリス領リーワード諸島
イギリス領ウィンドワード諸島 イギリス領ウィンドワード諸島
アンティグア・バーブーダ アンティグア・バーブーダ
バルバドス バルバドス
ケイマン諸島 ケイマン諸島
ドミニカ ドミニカ
グレナダ グレナダ
ジャマイカ ジャマイカ
モントセラト モントセラト
セントクリストファー=ネイビス=アンギラ セントクリストファー=ネイビス=アンギラ
セントルシア セントルシア
セントビンセント・グレナディーン セントビンセント・グレナディーン
トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ
タークス・カイコス諸島 タークス・カイコス諸島

西インド連邦(にしインドれんぽう、英語: West Indies Federation)は、1958年から1962年までの間に存在したイギリス連邦内の自治領の連合である。カリブ海地域の「西インド諸島」にあるイギリス植民地で構成され、連邦制を採用していた。単一の独立国家を意図したものであったが、各地域の足並みがそろわず、1962年に解散した。

概要編集

カリブ海付近のイギリス領植民地の独立に向けての動きは第二次世界大戦以前より存在していたが、大戦後、各島嶼地域を連合して独立させる話が具体化してきた。1956年カリブ海連邦法(British_Caribbean_Federation_Act_1956)が成立すると、各植民地が連合し、将来的な独立を視野に入れた、外交と防衛を除く自治権を有する半独立国としてスタートした。国家元首イギリスの君主たるエリザベス2世であり、政体として国王は、国防・連邦財政を執り行う。連邦には二院制の議会が置かれ、領域ごとに議席が割り振られていた。

しかし、その領域は、カリブ海各地に点在し、地理的にまとまっては無く、さらに島によって人種、産業、政治制度、歴史の相違は著しく、国の中心的役割を担う比較的大きな面積を持つトリニダード島ジャマイカ島の間は1,500キロメートルも離れている等、当初から問題は山積していた。それらの諸問題は構成地域間の対立として現れ、とりわけ国家運営の在り方をめぐってトリニダード・トバゴジャマイカの対立が深まっていった。

1961年、ジャマイカとトリニダード・トバゴが相次いで連邦離脱と単独での独立を決定し、国の2大中枢を失った連邦は瓦解。翌1962年、各島は再びイギリスの植民地に戻った。短命に終わった西インド連邦であったが、通貨の西インド諸島ドル東カリブ・ドルへと名を変え、現在でも多くの旧連邦構成国で共通通貨として使用されている。

略歴編集

構成国編集

西インド連邦の各地域の位置

関連項目編集

外部リンク編集