西ダバオ州

フィリピンの州

西ダバオ州(にしダバオしゅう、Davao Occidental, セブアノ語: Kasadpang Dabaw, ダバオ・オクシデンタル州とも)は、フィリピン南部ミンダナオ島にあるダバオ地方Davao Region, Region XI)に属するである。北に南ダバオ州、西にソクサージェン地方サランガニ州と接し、東にはダバオ湾が広がっている。面積は2,163.45 km2で国内第57位、人口は316,342人(2015年)。州都はマリタMalita)である。

ダバオ・オクシデンタル州

フィリピンで81番目に誕生した新しい州で、南ダバオ州の南半分が独立して西ダバオ州となった。創設を支援した上院議員フェルディナンド・マルコス・ジュニアは、南ダバオ州の南端が州都ディゴスから遠いため、行政によるサービスが行き届かないことを理由に挙げている[1]が、別の議員はゲリマンダーを作るという政治的理由以外に何もないと述べている[2]

西ダバオ州を創設するという内容の共和国法第10360号は、2012年末に議会を通過し、2013年ベニグノ・アキノ3世大統領により署名された[3]。同年10月のバランガイ選挙と同時に実施された住民投票では賛成票が多数となり、2013年10月28日に西ダバオ州が誕生した。2016年の選挙で知事等が選出されるまでの間は、南ダバオ州の知事らが内務省や地元の役所の支援の下に、西ダバオ州の行政権を行使した[4][5]

出典編集

  1. ^ Davao Occidental Province Soon To Be Realized”. Senate of the Philippines (2012年5月16日). 2013年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月7日閲覧。
  2. ^ Regalado, Edith (2013年1月24日). “‘Creation of Davao Occidental just for political convenience’”. philSTAR.com. 2013年11月7日閲覧。
  3. ^ COMELEC to conduct plebiscite for the creation of Davao Occidental”. Official Gazette. COMELEC (2013年9月18日). 2013年11月7日閲覧。
  4. ^ Carillo, C.A. (2013年11月10日). “Davao Occidental province to be created”. BusinessWorld. http://www.bworldonline.com/content.php?section=Nation&title=Davao-Occidental-province-to-be-created&id=79182 2016年1月27日閲覧。 
  5. ^ “Plebiscite results favor new Davao province”. Philippine Daily Inquirer. (2013年10月30日). http://newsinfo.inquirer.net/517371/plebiscite-results-favor-new-davao-province 2016年1月27日閲覧。 

外部リンク編集