西元町駅

日本の兵庫県神戸市中央区にある阪神電気鉄道の駅
この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

西元町駅(にしもとまちえき)は、兵庫県神戸市中央区元町通六丁目にある、阪神電気鉄道(阪神)神戸高速線[1]。駅番号はHS 34

西元町駅
Hanshin Nishi-motomachi west exit.JPG
西口(2011年8月)
にしもとまち
Nishi-Motomachi
HS 33 元町 (0.8 km)
(0.7 km) 高速神戸 HS 35
所在地 神戸市中央区元町通六丁目7-11[1]
駅番号 HS 34
所属事業者 阪神電気鉄道
神戸高速鉄道
所属路線 神戸高速線(東西線)
キロ程 4.2km(西代起点*)
大阪梅田から32.9 km
駅構造 地下駅[1]
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
2,745人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1968年昭和43年)4月7日[1]
備考 * 起点→終点の方向が上り
テンプレートを表示

概要編集

当駅を含む前後の区間は第三種鉄道事業者神戸高速鉄道が「東西線」として施設を保有し、阪神が第二種鉄道事業者として営業を行っている。2010年に実施された駅案内板等のリニューアル以後、駅出入口の案内板等には「阪神 神戸高速線 (HANSHIN KOBEKOSOKU LINE) 」と表記されている[1]

直通特急の一部(車両の種別表示幕が黄色地のもの)が停車する。

歴史編集

  • 1968年昭和43年)4月7日 - 神戸高速鉄道の開通と同時に開業する[1]
  • 1991年平成3年)4月7日 - 山陽特急の停車を取り止める。
  • 1995年(平成7年)
    • 1月17日 - 阪神・淡路大震災により被災し、営業を休止する[2]
    • 2月1日 - 阪神三宮駅 - 高速神戸駅間が単線で運転再開され、当駅の営業を再開する。
    • 2月6日 - 阪神三宮駅 - 高速神戸駅間の複線運転が再開される。
  • 1998年(平成10年)2月15日 - 山陽特急の停車が再開される。なお、この日より設定された直通特急は通過となる。
  • 2001年(平成13年)3月10日 - 当駅および大開駅にも停車する直通特急(高速線内特急扱い)が昼間時に設定される[3]
  • 2006年(平成18年)10月28日 - S特急の停車を取り止める(山陽特急は引き続き停車)。
  • 2009年(平成21年)3月20日 - 土曜・休日夜間の直通特急増発により、山陽特急の乗り入れがなくなる。
  • 2010年(平成22年)10月1日 - 山陽電気鉄道が当駅を含む区間の第二種鉄道事業を廃止する(列車の乗り入れは継続)。なお、この日までに駅名標は阪神が使用しているデザインに変更された。
  • 2014年平成26年)4月1日 - 駅番号導入。

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地下駅[1]分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。地下2階のホームは線形が急カーブとなる場所に設置されているため、電車とホームの隙間が比較的広い場所がある。ホームの有効長はおよそ150メートルあり、阪神車と山陽車は7両まで停車可能であり、また阪神車より車長が長い近畿日本鉄道(近鉄)の6両編成も停車可能だが、2012年3月20日より土曜・休日のみ運転されている新開地始発の奈良行き快速急行は阪神車での運用に限られているため、近鉄車が当駅に停車する運用は存在しない。

改札口は地下1階の東西に各1箇所設置されている(メインは西改札)。エレベーターは東口に設置されており、地上入口からコンコースの改札外間と改札内と下りホーム間が一基[4]と改札内と上りホーム間が一基設置されている。

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 神戸高速線 上り 三宮尼崎大阪(梅田)難波奈良方面
2 下り 高速神戸新開地明石姫路
神戸電鉄線新開地のりかえ)方面

※実際には構内に上記ののりば番号表記はないが、スマートフォン向けアプリ「阪神アプリ」の行先表示機能では、梅田方面が1番線、姫路方面が2番線とされている。

利用状況編集

近年の1日平均乗車人員は下表のとおりである。

年度別1日平均乗車人員[5]
年度 1日平均
乗車人員
2007年(平成19年) 1,896
2008年(平成20年) 1,937
2009年(平成21年) 1,863
2010年(平成22年) 2,003
2011年(平成23年) 2,057
2012年(平成24年) 1,948
2013年(平成25年) 2,373
2014年(平成26年) 2,304
2015年(平成27年) 2,322
2016年(平成28年) 2,342
2017年(平成29年) 2,767
2018年(平成30年) 2,745

駅周辺編集

かつて存在した主な施設

特記事項編集

  • 自動体外式除細動器 (AED) が設置されている。
  • 三越神戸店が閉店する前は、駅名標に副駅名として括弧書きで「三越前」と表記されていた。
  • 2012年2月下旬頃、阪神各駅に設置されている接近表示器が当駅にも設置された。
  • 神戸高速の駅では初めて公衆無線LANが導入された。利用できるのは阪神の他の駅と同様auSoftBankとなっている。

隣の駅編集

阪神電気鉄道
神戸高速線(神戸高速鉄道東西線)
直通特急(A直特)・S特急
通過
直通特急(B直特)・特急・快速急行(土休日3本上りのみ運転)・普通
元町駅 (HS 33) - 西元町駅 (HS 34) - 高速神戸駅 (HS 35)
  • A直特は種別幕が赤(直通特急)のものを指す。B直特は種別幕が黄色(直通特急)のものを指し、後者は阪神神戸三宮駅 - 板宿駅間の各駅に停車する。

脚注・参考文献編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、207頁。ISBN 9784343006745
  2. ^ 「阪神大震災 被災と復旧の記録(5)神戸高速鉄道」『鉄道ファン』第36巻第12号、交友社、1996年12月、 71-75頁。
  3. ^ 鶴通孝、2001、「関西私鉄 王国復権の道(1.姫路直通を大増発した阪神)」、『鉄道ジャーナル』(通巻415号)、鉄道ジャーナル社、2001年5月 p. 63
  4. ^ 改札内外共用エレベーターとなっており、改札内で使用中の場合は改札外はしばらく待つ形となる。逆も同様で、地上から下りホームへは直接行けない。
  5. ^ 神戸市統計書 (陸上運輸・空港) 2020年10月17日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集