西園寺公晃

江戸時代中期の公卿。従一位・内大臣。西園寺家29代。母は家女房

西園寺 公晃(さいおんじ きんあき)は、江戸時代中期の公卿左大臣西園寺致季の子。官位従一位内大臣

 
西園寺 公晃
時代 江戸時代中期
生誕 元禄15年7月11日1702年8月4日
死没 明和7年8月21日1770年10月9日
別名 号:遍照光院
官位 従一位内大臣
主君 中御門天皇桜町天皇桃園天皇
氏族 西園寺家
父母 父:西園寺致季、母:家女房
養父:鷹司兼熙
兄弟 公晃飛鳥井雅香小倉宣季今出川誠季橋本実理大宮貞季
今出川伊季の娘
賞季徳大寺実祖今出川実種
テンプレートを表示

経歴編集

享保5年(1720年)に叙爵。以降清華家当主として速いスピードで昇進し、享保10年(1725年)には従三位となり公卿に列する。その後も踏歌節会外弁や権中納言を経て、享保17年(1732年)から元文3年(1738年)、寛延3年(1750年)から宝暦3年(1753年)までの二度にかけて権大納言を務めた。宝暦3年(1753年)に大歌所別当に補された。

宝暦5年(1755年)に右近衛大将に転じ、さらに内大臣となるも翌年に辞職した。宝暦10年(1760年)に従一位が授与される。

系譜編集

関連項目編集