西園寺公永
時代 南北朝時代
生誕 正平8年/文和2年(1353年
死没 元中7年/明徳元年7月15日1390年8月25日
官位 正二位権大納言
主君 後村上天皇長慶天皇後亀山天皇
氏族 西園寺家
父母 父:西園寺実俊、母:四条隆資の娘
兄弟 公永公兼、道紹
実永
テンプレートを表示

西園寺 公永(さいおんじ きんなが)は、南北朝時代公卿右大臣西園寺実俊の子。官位正二位権大納言

経歴編集

正平18年/貞治2年(1363年)に従三位となり、公卿に列した。

権中納言を経て、天授元年/永和元年(1375年)には権大納言となった。

関連項目編集