メインメニューを開く

西園寺公潔

日本の江戸時代の皇族
 
西園寺公潔
時代 江戸時代後期
生誕 文化15年2月1日1818年3月7日
死没 天保7年5月30日1836年7月13日
官位 従三位右近衛権中将
主君 仁孝天皇
氏族 有栖川宮西園寺家
父母 父:有栖川宮韶仁親王、母:家女房
養父:西園寺寛季
兄弟 万宮、幟仁親王慈性入道親王公紹入道親王公潔、游亀宮、実種宮、韶子女王
養父:師季
テンプレートを表示

西園寺 公潔(さいおんじ きんずみ)は、江戸時代後期の公卿官位従三位右近衛権中将

経歴編集

もともとは皇族であったが、西園寺寛季の子の治季が早世したために、臣籍降下して寛季の養子となり、西園寺公潔として西園寺家を相続した。天保3年(1832年)に叙爵し、侍従左近衛権少将・右近衛権中将をへて、天保7年(1836年)には従三位となり公卿に列したが、同年に19歳にして薨去した。西園寺家は治季の子の師季が相続した。

系譜編集

関連項目編集