メインメニューを開く

西垣 晴次(にしがき せいじ、1929年2月24日[1] - 2013年1月6日[1])は、日本の歴史学者

目次

経歴編集

東京生まれ[1]。1952年東京文理科大学史学科卒業[1]。1973年群馬大学講師、以後、助教授、教授となり、1993年定年により退官となり、名誉教授[1]。同年から1999年まで目白大学教授[1]。 1988年日本学術会議会員。1977年に「中世社会の展開と神社の研究」により東京教育大学から文学博士の学位を授与される[2]従四位。 専攻は日本宗教史。地方史運動にも活躍したほか、1980年には日本学術会議会員として、「文書館法の制定について(勧告)」の成立に寄与した[1]

著書編集

共編著編集

記念論集編集

  • 『宗教史・地方史論纂 西垣晴次先生退官記念』西垣晴次先生退官記念宗教史・地方史論纂編集委員会編 刀水書房 1994

参考文献編集

  • 『お伊勢まいり』著者紹介 
  • 有元修一「西垣晴次氏の訃(学界消息)」『日本歴史』第779号、吉川弘文館、2013年、 141頁。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 有元修一 2013
  2. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年4月22日閲覧。