メインメニューを開く

西大家駅

日本の埼玉県坂戸市にある東武鉄道の駅

西大家駅(にしおおやえき)は、埼玉県坂戸市大字森戸623番地7にある東武鉄道越生線である。駅番号はTJ 42

西大家駅
Nishi-Oya Station 20140119.JPG
駅舎(2014年1月)
にしおおや
Nishi-ōya
TJ 41 一本松 (1.6km)
(1.2km) 川角 TJ 43
所在地 埼玉県坂戸市大字森戸623-7
駅番号 TJ 42
所属事業者 東武鉄道
所属路線 越生線
キロ程 4.4km(坂戸起点)
電報略号 ニオ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
4,018人/日
-2017年-
開業年月日 1936年昭和11年)2月28日
テンプレートを表示
ホーム(2009年8月)

歴史編集

  • 1936年昭和11年)2月28日 - 開業。
  • 1963年(昭和38年)5月16日 - 西大家信号所 - 日本セメント埼玉工場間の専用線が運用開始。
  • 1984年(昭和59年)8月1日 - 西大家信号所 - 日本セメント埼玉工場間の専用線が廃止。

駅名の由来編集

  • 当駅開設当時の村名「大家村」による。ただし、1945年(昭和20年)までは隣に大家駅が存在し、その西隣だったため「西」が付いた。

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホーム・駅舎は線路の北側にある。自動改札機設置。2012年度に多機能トイレが新設された。

係員が不在となる時間帯がある。その際、きっぷの精算や問い合わせは、インターフォンや集札箱での対応となる。

かつては当駅の一本松寄りに所在する西大家変電所付近に「西大家信号所」があり、日高市にある日本セメント(現・太平洋セメント)の埼玉工場まで専用線が延びていた(後述)。

利用状況編集

2017年度の1日平均乗降人員は4,018人である。

駅周辺編集

駅のすぐ東側に鶴ヶ島市との境界があり、日高市との境界も駅南西400mほどのところにある。駅の西側には、かつて鎌倉街道上道が通っていた[注釈 1]遺構が残っている。

路線バス編集

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者 備考
西大家駅   西コース 城山荘入口・川角駅坂戸駅北口 坂戸市役所 坂戸市内循環バス
  西コース 一本松駅入口・鶴舞東・坂戸駅北口 坂戸市役所 坂戸市内循環バス
町屋転回所   上新田・脚折線   前山団地 つるワゴン
上新田・脚折線 一本松駅入口・関越病院・坂戸駅南口 鶴ヶ島市役所 つるワゴン

※ 町屋転回所: 駅から南に約200m

日本セメント専用線編集

  西大家貨物線
軌間1067 mm
電圧1500 V直流
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
 
越生線
 
西大家信号所
   
 
 
 
 
西大家駅
   
越生線
   
日高 日本セメント埼玉工場
   
 
 
 
 
国鉄八高線
   
国鉄:川越線
 
高麗川駅

西大家貨物線(にしおおやかもつせん)は1963年(昭和38年)に開業し、西大家信号所で越生線と分岐し、日本セメント埼玉工場内(現・太平洋セメント埼玉工場)の日高を結んでいた。全線電化である。東上線の高坂駅から分岐する高坂構外側線経由で秩父鉱業東松山採掘場の粘土を仕入れ、日本セメント埼玉工場で生産した製品を下板橋セメント包装所へ輸送することを目的としていた。東武鉄道所属のED5010形電気機関車が専用線に直接乗り入れていた。東上線の貨物廃止でバラ車等によるダンプカー輸送に切り替わり、1984年(昭和59年)に廃止となった。

同工場への専用線は、八高線川越線高麗川駅から分岐するものも存在し、1999年平成11年)まで使用されていた。

廃線跡は大部分が道路用地として使われている。

隣の駅編集

東武鉄道
  越生線
一本松駅 (TJ 41) - 西大家駅 (TJ 42) - 川角駅 (TJ 43)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 新編武蔵風土記稿』巻ノ171入間郡ノ16四日市場村「村ノ四境東ハ鎌倉ノ古街道ヲ隔テ森戸村二境ヒ」[1]

出典編集

  1. ^ 「四日市場村」『新編武蔵風土記稿』巻ノ171入間郡ノ16、内務省地理局、1884年6月。NDLJP:764003/44

関連項目編集

外部リンク編集