メインメニューを開く

西大寺検車区(さいだいじけんしゃく) は、奈良県奈良市尼辻北町にある、近畿日本鉄道車両基地電略記号は「サイ」。大和西大寺駅に隣接して設置されている。

概要編集

大和西大寺駅から南東方向に秋篠川橿原線に挟まる形で設置されている。

併設する西大寺車庫の収容車両数は近鉄の車庫では最多の277両で、配下には新田辺駅隣接の新田辺車庫(収容能力56両、京都府京田辺市)、近鉄宮津駅隣接の宮津車庫(収容能力74両、同)がある。

隣接地には鉄道職員を養成する運輸部教習所(管轄:大阪輸送統括部)や近鉄スポーツセンター(体育館野球場)、JRを除く国内鉄道事業者では唯一の直営技術研究部署である技術開発センターがある。

配置車両編集

当車庫では特急用車両と、奈良線京都線に所属する一般車両が配置される。奈良線所属車両については、6両固定編成は全車両が当車庫に配置されているが、2・4両編成の一部は東花園検車区に配置されている。また、阪神電気鉄道の車両(1000系9000系)も運用の関係で当車庫に一時的に入庫となる場合がある。

2019年4月1日現在の配置車両は以下の通り[1]

特急車両
一般車両
  • 1020系(1021系・1031系はワンマン運転対応車、1026系6両編成車は阪神直通対応車)
  • 1230系の一部(1238F・1239F・1241F・1244F - 1246F・1249F - 1252F・1258F・1262F - 1264F・1270F)
  • 3200系京都市営地下鉄直通対応車)
  • 3220系(京都市営地下鉄直通対応車、シリーズ21
  • 5800系(阪神直通対応車、奈良線用は5801F - 5805F)
  • 5820系(阪神直通対応車、シリーズ21、奈良線用は5821F - 5825F)
  • 8400系(ワンマン対応の3両編成車)
  • 8600系の6両編成車(8619F)
  • 9820系(シリーズ21)
事業用車両

過去の配置系列編集

特急車両
一般車両

その他編集

当初の計画では現在の大和西大寺駅 - 新大宮駅間の広場に建設予定だったが、建設予定地が史跡平城宮跡だったため、現在地に変更された。過去は橿原線尼ヶ辻駅の付近まで車庫の一部が伸びていたが、付近をオーバーパスをしている大宮道路国道308号の拡幅工事により、大宮道路の北側まで縮小されている。なお、縮小した分を補うため、宮津車庫が設置された。

脚注編集

  1. ^ 交友社鉄道ファン』2019年8月号 Vol.59/通巻700号 付録小冊子「大手私鉄車両ファイル2019 車両配置表」(当文献にページ番号の記載無し)

関連項目編集