メインメニューを開く

西大門刑務所(ソデムンけいむしょ、韓国語:서대문 형무소)は、朝鮮(韓国)の京城(ソウル)にあった刑務所

西大門刑務所
Seodaemunprisonbarracks.jpg
西大門刑務所のバラック建物
西大門刑務所の位置(ソウル特別市内)
西大門刑務所
各種表記
ハングル 서대문 형무소
漢字 西大門刑務所
2000年式 Seodaemun Hyeongmuso
MR式 Sŏdaemun Hyŏngmuso
テンプレートを表示
西大門刑務所全景
西大門刑務所内部
西大門刑務所(現歴史館)

目次

沿革編集

1908年10月21日に、「京城監獄」の名称で、当時の朝鮮半島では初めての近代的刑務所として設立され、1912年9月3日に「西大門監獄」、1923年5月5日に「西大門刑務所」に名称が変更された。

独立後は韓国政府に移管され、それに伴い名称が1945年11月21日に「ソウル刑務所」となり、1961年12月23日に「ソウル矯導所」、1967年7月7日には「ソウル拘置所」に変更された。1987年11月15日にソウル拘置所が新たに始興郡儀旺邑(現在の義王市)に移転されるまで、韓国人刑務所や死刑場として利用されていた。韓国政府は、1988年2月20日に同刑務所の死刑場を史蹟第324号に指定し、1992年8月15日には、刑務所一帯に独立公園を開園した。1995年には、金泳三政権の大韓民国独立50周年記念事業として「西大門刑務所歴史館」の建設工事が開始され、1998年11月5日にオープンし、一般公開されるようになった。

2006年9月5日、日本共産党委員長として初めて訪韓した志位和夫が日本の政党党首として初めて視察した。[1]


脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集