メインメニューを開く

西子湾駅(シーヅーワンえき)は台湾高雄市鼓山区臨海二路及び鼓山一路入口にある高雄捷運橘線。本駅は橘線の始点駅である。高雄捷運駅構内の日本語放送では、当駅を台湾国語読みの「シーヅーワン」と案内する[注釈 1]。駅は実際には西子湾から少し内陸部に離れた哈瑪星にある。当初は国立中山大学に繋がる西子湾隧道の東側入口付近、鼓山国小前に駅を設置する計画だったが、地質や臨海二路の狭小さ、工事中の安全面が原因で断念し、現在の位置に決定した経緯があり、そこから大学への1駅延伸も住民の反対で事実上立ち消えとなった[2][3]。そして延伸断念と引き換えに「中山大学」が副駅名となっている。

西子湾駅
西子湾駅
西子湾駅
西子灣
シーヅーワン
Sizihwan
(中山大學/哈瑪星 - NSYSU/Hamasen)
所在地 台湾高雄市鼓山区臨海二路17-1号
駅番号 O1
所属事業者 高雄捷運股份有限公司
(高雄捷運)
所属路線 橘線
キロ程 0.0km
駅構造 地下駅
ホーム 島式 1面2線
乗車人員
-統計年度-
4,366人/日(降車客含まず)
-2016年-
乗降人員
-統計年度-
8,751人/日
-2016年-
開業年月日 2008年9月14日
テンプレートを表示
西子湾駅
各種表記
繁体字 西子灣站
簡体字 西子湾站
拼音 Xīzǐwān Zhàn
通用拼音 Sizǐhwan Jhàn
注音符号 ㄒㄧ ㄗˇ ㄨㄢ ㄓㄢˋ
発音: シーヅーワン ヂャン
台湾語白話字 Se-á-uân Chām
日本語漢音読み せいしわんえき
英文 Sizihwan Station
テンプレートを表示

駅構造編集

地下2階にホームドア付きの島式ホーム1面2線を持つ地下駅で、東西に3箇所の出入口がある。その他に特筆すべきなのは本駅のある臨海二路の道幅が狭いのと地質の関係から大規模な掘削が出来ず、コンコースやホームが(他の駅と比べて)狭くなっている。

駅階層編集

地階 出入口 出入口
地下1階 コンコース階 コンコース、案内所、自動券売機自動改札口
トイレ(駅東側改札の外、出口2近く)
地下2階 1番ホーム 橘線 大寮方面埔駅
島式ホーム、ホーム側のドアが開く
2番ホーム 橘線 大寮方面埔駅

駅出口編集

出口1、3は駅西側、出口2は駅東側にあり、出口1にはバリアフリーエレベーターがある。

  • 出口1:鼓山フェリー乗り場、鼓山郵便局(臨海二路南側) 
  • 出口2:高雄海関、高雄港フィッシャーマンズワーフ(鼓山一路東側)
  • 出口3:臨海大樓、朝生宮(鼓山一路西側)

駅周辺編集

利用状況編集

年間利用人員 1日平均
出典 乗車 出典 降車 乗降計 乗車 乗降
2008 [4] 339,578 [4] 431,553 771,131 3,115 7,075
2009 1,201,622 1,259,616 2,461,238 3,292 6,743
2010 1,083,869 1,165,974 2,249,843 2,970 6,164
2011 1,165,949 1,219,086 2,385,035 3,194 6,534
2012 1,363,805 1,417,385 2,781,190 3,726 7,599
2013 1,542,071 1,575,761 3,117,832 4,225 8,542
2014 1,553,136 1,582,154 3,135,290 4,255 8,590
2015 1,543,105 1,570,827 3,113,932 4,228 8,531
2016 1,597,926 1,604,864 3,202,790 4,366 8,751
2017 1,601,246 1,608,429 3,209,675 4,387 8,794
2018 1,625,421 1,634,258 3,259,679 4,453 8,931

バス情報編集

高雄市公車
系統 事業者 区間 備考
五福幹線(50) 東南客運中国語版 建軍站 - 鼓山輪渡站中国語版
99 港都客運中国語版 捷運鹽埕埔駅 - 柴山
99 區間 港都客運 捷運西子湾駅 - 西子湾
219 港都客運 加昌站 - 捷運鹽埕埔駅 二段運賃。
248 東南客運 建軍站 - 鼓山輪渡站 二段運賃
橘1A 東南客運 捷運西子湾站 - 中山大学行政大楼
橘1B 東南客運 捷運西子湾站 - 打狗英国領事館
西城快線(E05) 南台湾客運中国語版  新左営駅 - 中山大学 二段運賃。
哈瑪星文化公車 港都客運 捷運西子湾駅 - 駁二芸術特区 月曜運休[5][6]

歴史編集

ギャラリー編集

隣の駅編集

高雄捷運
橘線
西子湾駅 - 埔駅
環状軽軌
駁二蓬莱駅 - 哈瑪星駅 - 寿山公園駅

脚注編集

註釈編集

  1. ^ 「本日は、カオシュンメトロ(Kaohsiung Metro)をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。次は、シーズーワン(西子灣/Sizihwan)、終点です。(哈瑪星駅開業後)高雄ライトレールをご利用のお客様は、当駅でお乗り換えください。[1]

出典編集

  1. ^ (繁体字中国語)高雄捷運 橘線 鹽埕埔→西子灣(日文廣播)2015-03-30,Youtube
  2. ^ (繁体字中国語)鼓山區濱海路沿線商家反對 捷運延伸西子灣案卡 (中國時報)2003-07-21,国立中山大学/中国時報
  3. ^ (繁体字中国語)西子灣站2010-05-31,臺灣大百科全書(中華民国文化部
  4. ^ a b (繁体字中国語)高雄市交通局 (2019年3月14日). “高雄都會區大眾捷運系統各站旅運量”. 高雄市政府 重要市政統計資料庫查詢. 2019年5月1日閲覧。
  5. ^ 市内観光循環バス「文化公車」で便利&お得な高雄観光 哈瑪星線編(1)
  6. ^ 公式のルート情報
  7. ^ (繁体字中国語)高雄捷運橘線14日起開放免費搭乘8天
  8. ^ (繁体字中国語)高雄捷運橘線通車典禮21日登場

外部リンク編集