西宮インターチェンジ

日本の兵庫県西宮市にある名神高速道路・阪神高速3号神戸線のインターチェンジ

西宮インターチェンジ(にしのみやインターチェンジ)は、兵庫県西宮市にある名神高速道路インターチェンジで、同高速道路および東京都杉並区を起点とする中央自動車道西宮線[1]の終点でもある。阪神高速道路3号神戸線神戸方面行きに直接接続しており、ジャンクション機能を兼ねている。また西宮市街地や尼崎西宮芦屋港阪神甲子園球場最寄のインターチェンジとなる(但し球場は、公共交通機関での来場を呼びかけている)。

西宮インターチェンジ
Hanshin 3 Nishinomiya IC.jpg
阪神高速神戸方面と、国道43号大阪・神戸方面の分岐
所属路線 E1 名神高速道路
IC番号 38
料金所番号 01-218
起点からの距離 536.2 km(東京IC起点)
尼崎IC (6.8 km)
所属路線 阪神高速3号神戸線
IC番号 3-09
起点からの距離 14.5 km(阿波座JCT起点)
武庫川出入口 (2.6 km)
(2.3 km) 西宮出入口
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0043.svg国道43号
供用開始日 1964年9月6日
通行台数 44,823台/日(2006年度)
所在地 663-8212
兵庫県西宮市今津野田町1-35
北緯34度43分35.5秒 東経135度21分18.22秒 / 北緯34.726528度 東経135.3550611度 / 34.726528; 135.3550611
備考 名神高速・阪神高速間の接続は、神戸方面のみ
料金所のキロポストは535.5KP
テンプレートを表示

開通当初の名神高速は西宮から順にIC番号が振り分けられており、当ICが1番であった[2]

名神高速道路と阪神高速5号湾岸線を連絡する名神湾岸連絡線地域高規格道路として計画されており、国土交通省は当ICと5号湾岸線西宮浜出入口付近を結ぶルートを提案している[3]

道路編集

接続する道路編集

料金所編集

終点であるが故、ランプウェイではなく本線上に設置されているため、独立した本線料金所のような雰囲気がある。また、ETCで阪神高速から乗り継ぎ利用の場合は入口のETCレーンで阪神高速の料金を精算する。

  • ブース数:12

入口編集

  • ブース数:4

出口編集

  • ブース数:8
    • ETC専用:4
    • 一般:4

歴史編集

周辺編集

編集

E1 名神高速道路
(37)尼崎IC - (38)西宮IC
阪神高速3号神戸線
(3-08)武庫川出入口 - (3-09)西宮IC - (3-10)西宮出入口
ただし当ICでの接続は、神戸方面と名神高速相互間のみである(一般道から神戸線へは武庫川入口か西宮入口利用となる。また、名神高速から神戸線大阪方面へは当ICから一般道を通り、武庫川入口利用となる)。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「名神高速道路」という道路名は、中央自動車道西宮線の小牧ICから当ICまでの営業名称である。
  2. ^ 『高速道路と自動車』1963年版
  3. ^ 名神湾岸連絡線 計画段階評価 第2回説明資料 (PDF)”. 国土交通省近畿地方整備局 (2015年7月13日). 2015年9月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集