西宮市立中央体育館

西宮市立中央体育館は、兵庫県西宮市西宮市立中央運動公園にある市立体育館である。

西宮市立中央体育館
Nishinomiya City Central Gymnasium.jpg
施設情報
用途 体育館
収容人数 1,344
竣工 1965年
位置 北緯34度44分52.4秒 東経135度20分41秒 / 北緯34.747889度 東経135.34472度 / 34.747889; 135.34472座標: 北緯34度44分52.4秒 東経135度20分41秒 / 北緯34.747889度 東経135.34472度 / 34.747889; 135.34472
テンプレートを表示

概要編集

バレーボール3面、バスケットボール2面、フットサル2面、バドミントン8面、卓球27面分のスペースを有す。阪神地域の各種地区大会開催から、西宮市に関わりのあるトップアスリートらによる異競技連携組織アスレチック・リエゾン西宮の拠点、プロバスケットボールの試合会場として利用される。

2006年ののじぎく兵庫国体ではボクシング会場となり、当時興國高校3年だった井岡一翔が史上3人目となる高校六冠を達成したのも本体育館である。

アスレチック・リエゾン西宮に加入する団体との関わり編集

西宮ストークス編集

初めてのホームゲームが開催されたのは、前身の「兵庫ストークス」時代に遡り、2011年12月4日のJBL2・黒田電気戦である。無料開催での中、1,500人弱の観客が訪れ、試合はストークスが72-56で勝利した[1]。この試合終了後の記者会見で、来シーズンのJBL1部への加入申請が発表された[2]

それから3年半経過し2015年7月7日、西宮市がストークスに対し、年間10日程度、本体育館を優先利用できるようにし、有料試合を継続的に開催するための枠組みを考案。2016年9月に発足するJPBLの1部参入条件「5,000人規模の会場の確保が必要」を満たす為に、本体育館の建て替え計画交渉を続けている事を発表[3]

そして7月16日に、ホームタウンを神戸市から西宮市に移転し、チーム名を現在の名前にする事を発表した[4]

又、2015-16シーズンより西宮市でホームゲームを複数試合開催する方針が発表され、かつてトップリーグを目指す宣言を行った本体育館をホームアリーナとして使用する事が検討されている。

開幕シリーズとなった10月10日・11日に栃木を迎えた2連戦に、球団初となる2連戦共に観客動員2,000人越え(2,356人/2,164人)を記録した。

その他団体編集

JTマーヴェラス(バレーボール女子)の練習拠点は、本体育館ではなくJTバレーボール部体育館である。又、アメフトチームの西宮ブルーインズとの関わりはあまりない。

所在地・アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集