メインメニューを開く
日本 > 東京都 > 荒川区 > 西尾久

西尾久(にしおぐ)は、東京都荒川区町名。現行行政地名は西尾久一丁目から西尾久八丁目。住居表示実施済み区域である。郵便番号は116-0011[2]

西尾久
尾久八幡神社
尾久八幡神社
荒川区における西尾久の位置。
荒川区における西尾久の位置。
北緯35度45分2.24秒 東経139度45分27.73秒 / 北緯35.7506222度 東経139.7577028度 / 35.7506222; 139.7577028
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Arakawa, Tokyo.svg 荒川区
地域 尾久地域
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 25,775人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
116-0011[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

目次

地理編集

荒川区西部に位置する。菱形をした荒川区の頂角にあたる最西端、隅田川の南岸に位置する。東に隣接する東尾久と合わせて尾久と総称される。地区の北を隅田川を挟んで足立区と、東を東尾久と、南および西を北区と接する。小工場商店街住宅が混在する密集地域であり、下町の雰囲気が色濃く残っている。東京都内では唯一残された都電の荒川線が走っており、東京都交通局荒川電車営業所(荒川車庫前駅)がある。また、隅田川に面して荒川区が運営しているアミューズメント施設あらかわ遊園がある。

地価編集

住宅地の地価は、2017年平成29年)1月1日公示地価によれば、西尾久7-38-5の地点で40万8000円/m2となっている[4]

歴史編集

現在の西尾久二丁目付近に尾久三業地が置かれており、1980年(昭和50年代半ばから60年くらい)までは、芸者の置屋待合も営業していた。昭和11年、この地の待合を舞台として阿部定事件が発生し、世間の注目を浴びた。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
西尾久一丁目 1,677世帯 2,986人
西尾久二丁目 1,527世帯 2,766人
西尾久三丁目 1,165世帯 2,213人
西尾久四丁目 2,369世帯 4,302人
西尾久五丁目 1,257世帯 2,346人
西尾久六丁目 1,148世帯 2,355人
西尾久七丁目 1,943世帯 3,630人
西尾久八丁目 2,304世帯 5,177人
13,390世帯 25,775人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
西尾久一丁目 1番 荒川区立尾久宮前小学校 荒川区立第九中学校
その他 荒川区立尾久八幡中学校
西尾久二丁目 全域
西尾久三丁目 全域 荒川区立尾久西小学校
西尾久四丁目 全域 荒川区立第七中学校
西尾久五丁目 全域
西尾久六丁目 全域 荒川区立尾久八幡中学校
西尾久七丁目 1〜24番 荒川区立第七中学校
その他 荒川区立尾久第六小学校
西尾久八丁目 全域

交通編集

鉄道編集

東京都交通局

このほかに西尾久地区内の所在ではないが、JR東日本宇都宮線高崎線尾久駅が近隣にある。

バス編集

都営バス

水上交通編集

東京都公園協会

道路・橋梁編集

道路
橋梁

施設編集

行政
保育・教育
  • 荒川区立尾久宮前小学校
  • 荒川区立尾久西小学校
  • 荒川区立第六小学校
  • 荒川区立尾久八幡小学校
  • 荒川区立第七中学校
企業
寺社
観光

脚注編集

  1. ^ a b 世帯と人口 - 平成29年”. 荒川区 (2017年12月5日). 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月11日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月11日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 通学区域表”. 荒川区 (2014年5月28日). 2017年12月11日閲覧。

外部リンク編集