西尾 忠永(にしお ただなが)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての徳川家の家臣。江戸時代前期の大名武蔵原市藩第2代藩主、上野白井藩主、常陸土浦藩初代藩主。横須賀藩西尾家2代。

 
西尾忠永
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正12年(1584年
死没 元和6年1月14日1620年2月17日
墓所 茨城県土浦市の神竜寺
官位 従五位下、丹後
幕府 江戸幕府
武蔵原市藩主→上野白井藩主→
常陸土浦藩
氏族 酒井氏→西尾家(後期東条吉良氏庶流)
父母 父:酒井重忠、母:山田重辰の娘
養父:西尾吉次
兄弟 酒井忠世酒井忠季忠永酒井忠正
正室:西尾吉次の娘
忠昭忠知、娘(有馬忠頼正室)
娘(稲垣重昌正室のち木下俊治継室)
娘(増田某室)
テンプレートを表示

天正12年(1584年)、酒井重忠の三男として生まれる。大老酒井忠世の実弟である。徳川家康に仕え、2000石の所領を与えられた。慶長4年(1599年)、武蔵国内に5000石の所領を与えられていた西尾吉次の娘を娶り、吉次の養嗣子となった。慶長11年(1606年)、養父・吉次が死去したため、家督と原市藩の所領を継いだ。

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では大和国の守備を任じられ、慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では大坂城を攻めて戦功を挙げた。その後、上野国白井藩、そして元和4年(1618年)には常陸国土浦藩2万石に移封された。

元和6年(1620年)1月14日死去。享年37。跡を長男・忠昭が継いだ。