西山宗因

日本の江戸時代の俳人
「西山宗因像」 山口雪渓筆 江戸時代中期 八代市立博物館・未来の森ミュージアム

西山 宗因(にしやま そういん、慶長10年(1605年) - 天和2年3月28日1682年5月5日))は、江戸時代前期の俳人連歌師。本名は西山豊一。父は加藤清正の家臣西山次郎左衛門。通称次郎作。宗因と号し、別号として一幽・西翁・梅翁・野梅などがある。宗因は相手によって号を使い分けていたとされる[1]。生まれは肥後国八代(現熊本県八代市[2]談林派の祖。

来歴編集

15歳頃から肥後国八代城代加藤正方の側近として仕えた。正方の影響で連歌を知り京都へ遊学した。里村昌琢(しょうたく)に師事して本格的に連歌を学んだが、1632年寛永9年)主家の改易浪人となる。1647年正保4年)、大坂天満宮連歌所の宗匠となる一方で、同門の松江重頼の影響で俳諧を始める。宗因の「軽口」と「無心所着体」を旨とする作風は大きな話題となり、延宝年間頃には、井原西鶴などに代表される談林派を築き上げ、当時の主流だった貞門派を圧倒した。貞門派が宗因の後継者争いの様相を呈する中、宗因は晩年、連歌に戻った[3]

主な作品編集

連句集

  • 『西山宗因釈教誹諧』
  • 『宗因五百句』
  • 『宗因七百韻』

連歌集

  • 『宗因連歌千句』

紀行文

  • 『宗因飛鳥川』
  • 『津山紀行』
  • 『肥後道記』など

代表作

  • されば爰(ここ)に談林の木あり梅の花
  • にて候高野山より出たる芋   
  • 阿蘭陀の文字か横たふ天つ雁
  • これやこの江戸紫の若なすび  
  • 五月雨や天下一枚うち曇り  
  • となん一つ手紙のはしに雪のこと
  • ながむとて花にもいたし頸の骨  

芭蕉の宗因評価編集

 
桜木と宗因

芭蕉は「上に宗因なくんば、我々が俳諧今以て貞徳が涎(よだれ)をねぶるべし。宗因はこの道の中興開山なり」(去来抄)とのべている。

宗因の句碑編集

 
西山宗因句碑(八代城跡)

八代城跡編集

八代城跡北側の廊下橋門たもと[4]

  • 雪見よと兼ては植えし浦の松

春光寺編集

春光寺 (八代市)の門前[4]

  • ながむとて花にもいたし頸の骨

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 尾崎千佳「宗因における出家とその意味」『近世文藝』第108巻、日本近世文学会、2018年、 17-36頁、 doi:10.20815/kinseibungei.108.0_17
  2. ^ 江上敏勝「西山宗因」『人づくり風土記43熊本』農文協、1990年7月、283頁
  3. ^ 岡本勝・雲英末雄 『新版近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、337-338頁。 
  4. ^ a b 江上敏勝「西山宗因」『人づくり風土記43熊本』農文協、1990年7月、290頁

関連項目編集

外部リンク編集