西島和彦 (物理学者)

西島 和彦(にしじま かずひこ、1926年10月4日 - 2009年2月15日)は、日本の物理学者東京大学名誉教授京都大学名誉教授。茨城県土浦市生まれ。

素粒子の新しい規則性となる「西島・ゲルマンの法則」(Gell-Mann–Nishijima formula)を発見する。生前、1960年1961年1964年1966年ノーベル物理学賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している[1][2]

略歴編集

叙勲歴編集

脚注編集