メインメニューを開く

西島和彦 (物理学者)

西島 和彦(にしじま かずひこ、1926年10月4日 - 2009年2月15日)は、日本の物理学者東京大学名誉教授京都大学名誉教授。茨城県土浦市生まれ。

大阪市立大学時代、中野董夫マレー・ゲルマンら(独立)と素粒子の新しい規則性となる「中野・西島・ゲルマンの法則を発見する。そのほかにも、多くの業績がある。生前、1960年1961年1964年1966年ノーベル物理学賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している[1][2]

西嶋と中野は、それ以前から知られていた量子数(素粒子の特性)である電荷とバリオン数のほかに新しい量子数であるストレンジネスをもつ事を示した。このストレンジネスの和が強い相互作用や電磁相互作用では保存される(中野=西島=ゲル・マンの法則)。
中野・西島・ゲルマンの法則の法則を基に、坂田模型や大貫義郎などによるIOO対称性、SU(3)モデル、さらにクォークモデルが創られることになる。

略歴編集

叙勲歴編集

脚注編集