メインメニューを開く

西川 如見(にしかわ じょけん、慶安元年(1648年) - 享保9年8月10日1724年9月26日))は、江戸時代中期の天文学者。父は同じく天文学者の西川忠益。母は石山宗林の娘。肥前長崎の商家に生まれ育った。名は、忠英、通称は次郎右衛門。別名は恕軒、恕見。居号は求林斎、金梅庵、淵梅軒。

略歴編集

1672年(寛文12年)25歳の時和漢を儒学者南部草寿(1680年没)に、天文暦算測量学を林吉右衛門門下の小林義信(謙貞、樋口権右衛門)に学んだ。1695年(元禄8年)48歳の時に日本で初めての世界地誌『華夷通商考』[1][2]を著した。[3][2]

元禄10年(1697年)に隠居して著述に専念。1708年(宝永5年)61歳の時に『増補華夷通商考』を刊行した[4]。それによって南北アメリカが日本で初めて紹介された[2]

天文・地理学上の著述では有名中国天文学説を主とし、ヨーロッパ天学説の特徴を十分承知しながら享保3年(1718年)に江戸へ赴き、翌享保4年(1719年)に8代将軍徳川吉宗から天文に関する下問を受けた後暫く江戸に滞在し、長崎に帰った。

享保9年(1724年)に死去した。享年77。

息子の西川正休は延享4年(1747年)、または宝暦の改暦の際(吉宗が没した1751年)に天文方に任命されている。

墓は長崎長照寺照山。

著書編集

  • 華夷通商考
  • 華夷通称考天義論
  • 両儀集説教童暦談
  • 運気指南役後篇
  • 町人嚢
  • 町人底払
  • 百姓嚢
  • 長崎夜話草
  • 日本水土考
  • 水土解弁

参考著書編集

  • 長崎洋学史

脚注編集

  1. ^ 上巻では「中華十五省」について、下巻では「外国」(朝鮮・琉球・台湾・ベトナム中北部)と「外夷」(唐人と交易関係のある国(東南アジアの諸国))について、日本からの道程、気候、物産、風俗などを記している。
  2. ^ a b c 岡田俊裕 2011年 47ページ
  3. ^ 本書の原本となったのは、長崎清館の大通事の林道栄『異国風土記』(1688年成立)であった。
  4. ^ 増補部分で、横文字または、無文字の国(ヨーロッパ・アフリカ・南北アメリカなど)について述べ、世界地理書として体系を整えた。増補内容は、在華イタリア人宣教師ジュリオ・アレニの漢訳世界地理書『職方外記』(明代1623年刊)に拠っている。

参考文献編集

関連作品編集

テレビドラマ編集

関連項目編集

外部リンク編集