メインメニューを開く

西川 正身(にしかわ まさみ、1904年9月15日 - 1988年1月25日)は、日本のアメリカ文学者

東京生まれ。父は大審院判事となった西川一男府立四中第一高等学校を経て、東京帝国大学文学部英文科を1929年に卒業。母校の府立四中勤務ののち、1935年、東京商科大学予科教授、1951年、東京大学英文科教授、62年、アメリカ文学講座初代教授となる。1963年退官後は教授職には就かず、非常勤講師をしながら研究に専念。勤続年数が少なかったが、1987年、東大名誉教授の称号を与えられる。ドイツ現代史研究者の西川正雄は息子。

当初は、ウィリアム・シェイクスピアサマセット・モームなど英国作家も視野に入れて広く英語文学を研究し、のちアンブローズ・ビアスを生涯の研究対象とした。

著書編集

  • アメリカ文学ノート 文化書院] , 1947
  • アメリカ文学覚え書 研究社, 1959
  • 孤絶の諷刺家アンブローズ・ビアス 新潮選書, 1974
  • アメリカ文学研究余滴 西川正身エッセイ集 研究社出版, 1991

翻訳編集