メインメニューを開く

西川辰美

西川 辰美(にしかわ たつみ、本名同じ、1916年大正5年)6月30日 - 1971年昭和46年)3月7日)は、日本の昭和期に活動した漫画家東京府東京市南葛飾郡(現・東京都葛飾区)出身。

西川 辰美
1955年
1955年
本名 同じ
生誕 1916年6月30日
日本の旗 日本 東京府東京市南葛飾郡
死没 (1971-03-07) 1971年3月7日(54歳没)
国籍 日本
職業 漫画家
代表作おトラさん
テンプレートを表示

弟は落語家柳家きん平

目次

人物編集

北澤楽天の弟子。京華商業高等学校在学中から漫画の投稿を行う[1]。高校卒業後はサラリーマンになるも、1950年(昭和25年)に子供マンガ新聞にて『セコちゃん』でデビューし、漫画家に専念する[1]。後年、漫画協会を設立し、漫画家育成に貢献した。

代表作は1954年から1955年まで『読売新聞』で連載されていた『おトラさん』で、実写映画にもなり、続編として『主婦の友』で連載された『女中のおトラさん』がある。他に『カアちゃん』『おセワさん』など。また、日本初の民放テレビ局として1953年8月28日に開局した日本テレビ放送網で開局当日に放送された森永ミルクキャラメルCM「やっぱり森永ネ」のアニメーション製作も手掛けた。

著作編集

  • セコちゃん (文陽社、1952年)
  • おトラさん (第1-3巻 きんらん社、1957年)
  • カアちゃん (第1-5集 きんらん社、1957年 - 1958年)
  • おトラさん (1977年6月 小学館文庫)
  • 西川辰美の本 (西川辰美の本刊行会、1977年6月)

脚注編集

  1. ^ a b 『日本児童文学大事典 第2巻』 44頁。

参考文献編集