メインメニューを開く

西平壌駅

朝鮮民主主義人民共和国の鉄道駅

西平壌駅(ソピョンヤンえき)は朝鮮民主主義人民共和国平壌直轄市西城区域にある、朝鮮民主主義人民共和国鉄道省である。西平壌駅は「西」を冠するものの、平壌駅のほぼ北方に位置している。

西平壌駅
서평양
ソピョンヤン
West Pyongyang
平壌 (4.7km)
(6.4km) 西浦
所在地 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮平壌直轄市西城区域
所属事業者 朝鮮民主主義人民共和国鉄道省
所属路線 平義線平羅線
キロ程 4.7km(平壌起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1961年
テンプレートを表示
西平壌駅
各種表記
ハングル 서평양역
漢字 西平壤驛
発音 ソピョンヤンニョク
日本語読み: にしへいじょうえき[1][注 1]
英語 West Pyongyang Station

目次

乗り入れ路線編集

平義線平羅線の2路線が乗り入れているが、同じ線路を併用している。

歴史編集

1929年11月16日京義線の西平壌駅として開業[1]朝鮮戦争の際に平壌-西浦間は壊滅し、戦争後にルートが変更されて建設されたため、今の西平壌駅は昔の位置と異なる[2]

1961年より駅員は全員女性であり[3][4]、現在70名程が働いており、20余年に亘って無事故を保っている[4]

隣の駅編集

朝鮮民主主義人民共和国鉄道庁
平義線・平羅線
平壌駅 - 西平壌駅 - 西浦駅

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本鉄道旅行地図帳 朝鮮・台湾』(新潮社、2009年)所収の「駅名一覧」によると、日本統治下において「西平壌」は「にしへいじょう」と読まれた。

出典編集

参考文献編集

  • 『日本鉄道旅行地図帳 朝鮮・台湾』新潮社、2009年。
  • 国分隼人『将軍様の鉄道 北朝鮮鉄道事情』新潮社、2007年1月20日。

関連項目編集