西所沢駅

日本の埼玉県所沢市にある西武鉄道の駅

西所沢駅(にしところざわえき)は、埼玉県所沢市西所沢一丁目にある、西武鉄道駅番号SI18

西所沢駅
駅舎(2008年10月)
にしところざわ
Nishi-Tokorozawa
地図
所在地 埼玉県所沢市西所沢一丁目11-9
北緯35度47分21.35秒 東経139度27分21.65秒 / 北緯35.7892639度 東経139.4560139度 / 35.7892639; 139.4560139 (西所沢駅)座標: 北緯35度47分21.35秒 東経139度27分21.65秒 / 北緯35.7892639度 東経139.4560139度 / 35.7892639; 139.4560139 (西所沢駅)
駅番号 SI18
所属事業者 西武鉄道
駅構造 地上駅
ホーム 3面4線
乗降人員
-統計年度-
[西武 1]22,810人/日
-2022年-
開業年月日 1915年大正4年)4月15日
乗入路線 2 路線
所属路線 池袋線
キロ程 27.2km(池袋起点)
小竹向原から23.8 km
SI17 所沢 (2.4 km)
(2.2 km) 小手指 SI19
所属路線 狭山線
キロ程 0.0 km(西所沢起点)
(1.8 km) 下山口 SI40
テンプレートを表示

池袋線狭山線が乗り入れている。狭山線は当駅が起点である。

歴史 編集

駅構造 編集

中央に1面2線の島式ホームがあり、それを外側から挟む形で2面2線の相対式ホームを有する地上駅

所沢寄りに留置線があり、主に狭山線の折り返し・留置に使われる。

駅舎は北側のみ[3]改札口を出ると、駅舎内にTOMONYがある[4]。エレベーターは各ホームと跨線橋部分を連絡するものが設置されているほか、2・3番ホーム、4番ホームと跨線橋部分を連絡するエスカレーターが設置されている[3]

トイレは2・3番ホームと4番ホームにある[3]。4番ホームのトイレは多機能トイレを併設する[3]

駅長室の関係で所在地は所沢市西所沢となっているが、狭山線と1・2番ホームの下山口寄りは所沢市上新井となっている。

のりば 編集

ホーム 路線 方向 行先 備考
1・2   狭山線 - 下山口西武球場前方面 狭山線列車と狭山線から池袋線上り方面へ直通する列車が発着。
1番ホームは一部列車のみ
  池袋線 上り 所沢池袋新木場渋谷横浜方面
3 下り 飯能西武秩父方面  
4 上り 所沢・池袋・新木場・渋谷・横浜方面  

(出典:西武鉄道:駅構内図

備考 編集

  • 1番ホームは、西武ドームでの野球・イベント開催に伴う増発ダイヤ時に使用されるほか、小手指車両基地へ回送する当駅止まりも使用する。運行時間外の1番ホームは閉鎖される。
  • 2番ホームは、主に狭山線内発着の列車や狭山線から池袋線へ直通する列車が使用するが、線形の関係から10両編成の列車は使用できない。
  • 2005年6月18日からホームの付番が逆になった。それまでは、1・2番ホームが池袋線、3番ホームが狭山線、4番線が狭山線臨時ホームだった。
  • 改修工事の完了した2005年2月26日、中央ホームに待合室を設置した。
  • 1・2番ホームの発車メロディは、2009年4月7日より埼玉西武ライオンズの応援歌「吠えろライオンズ」に変更となった。これはライオンズの本拠地開幕戦に合わせたものである[5]
  • 1時間1本程度の特急「ちちぶ」「むさし」快速急行は通過するが、急行以下の列車はすべて停車し、隣の小手指始発の列車が多く設定されていることから、利便性は高い。快速急行でも以前は狭山線直通列車は停車していた。また、2010年3月6日のダイヤ改正から、それまで所沢止まりだった快速・準急が狭山線に直通し、当駅に停車する列車の本数が増加した。
  • 副都心線直通列車は2013年3月16日実施のダイヤ改正で、日中は土曜・休日ダイヤの当駅11時台の各停横浜方面元町・中華街行のみ停車する[注釈 1]。当駅から副都心線方面に向かう場合は、途中ひばりヶ丘駅などの主要駅で必ず1回は乗換える必要があり、列車接近時に流れる放送でその旨が伝えられる。
  • 2020年3月14日ダイヤ改正より、「S-TRAIN」は平日ダイヤの下り列車のみ降車専用駅として当駅に停車、当駅で狭山線下り西武球場前行きに短時間で乗り継ぎができる[6]

利用状況 編集

2022年(令和4年)度の1日平均乗降人員22,810人で、西武鉄道全92駅中40位[西武 1]

近年の1日平均乗降人員および乗車人員の推移は下記の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[7]
年度 1日平均
乗降人員[8]
1日平均
乗車人員[9]
出典
1990年(平成02年) 23,609 11,803
1991年(平成03年) 24,182 12,111
1992年(平成04年) 24,750 12,418
1993年(平成05年) 24,463 12,293
1994年(平成06年) 24,092 12,123
1995年(平成07年) 24,165 12,155
1996年(平成08年) 24,969 12,516
1997年(平成09年) 24,950 12,467
1998年(平成10年) 24,678 12,230
1999年(平成11年) 24,320 12,063 [* 1]
2000年(平成12年) 24,154 11,983 [* 2]
2001年(平成13年) 24,318 11,987 [* 3]
2002年(平成14年) [10]23,942 11,786 [* 4]
2003年(平成15年) 24,010 11,838 [* 5]
2004年(平成16年) 23,727 11,695 [* 6]
2005年(平成17年) 23,754 11,713 [* 7]
2006年(平成18年) 23,993 11,842 [* 8]
2007年(平成19年) 24,322 12,019 [* 9]
2008年(平成20年) 24,553 12,267 [* 10]
2009年(平成21年) 24,393 12,200 [* 11]
2010年(平成22年) 23,904 12,046 [* 12]
2011年(平成23年) 23,863 11,942 [* 13]
2012年(平成24年) 23,433 12,098 [* 14]
2013年(平成25年) 23,759 12,321 [* 15]
2014年(平成26年) 23,606 12,201 [* 16]
2015年(平成27年) 24,811 12,485 [* 17]
2016年(平成28年) 24,801 12,477 [* 18]
2017年(平成29年) 25,127 12,630 [* 19]
2018年(平成30年) 25,814 12,966 [* 20]
2019年(令和元年) 25,720 12,917 [* 21]
2020年(令和02年) [西武 2]19,677 9,897 [* 22]
2021年(令和03年) [西武 3]21,004
2022年(令和04年) [西武 1]22,810

駅周辺 編集

バス路線 編集

国道463号・県道179号上にある「西所沢駅入口」停留所が最寄りである。

付記 編集

  • 当駅は初代「小手指駅」として開業したが、約4か月半で現在の駅名に改称した。その後、1970年11月20日に2代目小手指駅が当駅 - 狭山ヶ丘間に開業した。
  • 1980年代から先代の標準仕様に更新されるまで、独自デザインの駅名標が使われていた(ギャラリーの「中央(2・3番)ホーム」写真右上にあるのりかえ案内がその一例)。
  • 1997年に映画『失楽園』の撮影地として使われた。
  • 2007年にはアサヒ飲料WONDA」テレビCMの撮影地として使われた。
  • 2018年に『宮本から君へ』にて、代々木駅の代わりの撮影地として使われた。ホームの番線表示は代々木駅に合わせているが、車両やホームの外観は西武鉄道のままとなっている。

隣の駅 編集

西武鉄道
  池袋線
  • S-TRAIN平日下り停車駅(降車のみ)
快速急行
通過
急行・通勤急行・快速・通勤準急・準急・各駅停車(通勤急行と通勤準急は上りのみ運転)
所沢駅 (SI17) - 西所沢駅 (SI18) - 小手指駅 (SI19)
  狭山線
急行・快速・準急・各駅停車(急行と快速は野球開催時のみ運転)
所沢駅(池袋線)(SI17) - 西所沢駅 (SI18) - 下山口駅 (SI40)

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 該当する時間帯は、副都心線経由東急東横線みなとみらい線直通の快速急行が運転されており、地下鉄線直通列車は1時間2本運転の新木場発着のみ。

出典 編集

埼玉県統計年鑑
西武鉄道の1日平均利用客数
  1. ^ a b c 駅別乗降人員(2022年度1日平均)” (pdf). 西武鉄道. 2023年7月30日閲覧。
  2. ^ 駅別乗降人員(2020年度1日平均) - ウェイバックマシン(2021年9月23日アーカイブ分)、2022年8月18日閲覧
  3. ^ 駅別乗降人員(2021年度1日平均) - ウェイバックマシン(2022年7月8日アーカイブ分)、2022年8月18日閲覧

関連項目 編集

外部リンク 編集