メインメニューを開く
西晋一郎

西 晋一郎(にし しんいちろう、1873年(明治6年)3月29日 - 1943年(昭和18年)11月13日)は、日本の倫理哲学者文学博士

京都帝国大学西田幾多郎博士とともに“両西”と呼ばれ、倫理哲学界の重鎮であった[1]

経歴編集

鳥取県鳥取市で西昇蔵の長男として生まれる。

山口高校を経て東京帝国大学に入り、1899年(明治32年)に同大学哲学科を卒業した[2]広島高等師範学校が設立されるとともに同校教授となり、同校が文理科大学となって引き続きその教授となっている[3]

昭和18年(1943年)正月の宮中の講書の儀には昭和天皇論語の漢籍を進講している[3]

著書編集

  • グリーン氏倫理学序論 育成会, 明34.4. 倫理学書解説
  • 倫理哲学講話 育英書院, 1915.
  • 普遍への復帰と報謝の生活 日本社, 1920.
  • 教育と道徳 大村書店, 1923.
  • 倫理学の根本問題 岩波書店, 1923.
  • 標註代表国民道徳書彙編 磯野清共編. 明治図書,1928
  • 教の由つて生ずる所 目黒書店, 1930.
  • 実践哲学概論 岩波書店, 1930.
  • 教育勅語と国民教育の根本 山口県教育会, 1931.
  • 忠孝論 岩波書店, 1931.
  • 国民道徳講話 藤井書店, 1932. 精神科学叢書
  • 歴史と教育 思想問題研究会編. 青年教育普及会, 1933.
  • 我が国体及び国民性について 思想問題小輯 文部省思想局編. 日本文化協会出版部, 1934.
  • 天地開闢即国家建立 国民精神文化研究所, 1934. 国民精神文化研究
  • 東洋倫理 岩波全書、1934 
  • 教学と思想統一 国民精神文化類輯 国民精神文化研究所, 1935.
  • 日本国体 日本文化協会, 1935. 憲法教育資料
  • 我が國の教育 思想問題研究會編纂. 青年教育普及會, 1935.11. 思想新輯
  • 代表的国学者の日本精神観 磯野清共著. 明治図書, 1936.
  • 教学に就て 照屋勝雄, 1937.
  • 教学と学芸 国民精神文化類輯 国民精神文化研究所, 1937.
  • 天の道人の道 目黒書店, 1937.
  • 礼の意義と構造 小糸夏次郎共著. 国民精神文化研究所, 1937. 国民精神文化研究
  • 新制女子修身要義講話 編. 帝国書院, 昭和13.
  • 尊徳・梅岩 岩波書店, 1938. 大教育家文庫
  • 我国体と教学の特色 儒道研究会, 1938.
  • 教学の説 目黒書店, 1939. 教学新書 興亜教学研究会 編
  • 国家・教学・教育 目黒書店, 1939.
  • 真正なる国家 国民精神文化研究所, 1939. 国民精神文化研究
  • 新日本修身書解説 教授用備考. 巻1 修文館, 1939.
  • 女子修身撮要提要講話 編. 帝国書院, 1939.
  • 教育勅語衍義 賢文館, 1940.
  • 教学と教育 第一出版協会, 1940. 教育と行の講習会記録
  • 東洋道徳研究 岩波書店, 1940.
  • 勤労の尊尚 日本勤労叢書 勤労者教育中央会編. 目黒書店, 1940.
  • 藤樹学講話 目黒書店, 1941.
  • 東洋道徳研究 岩波書店, 1941
  • 文教論 建国大学研究院, 康徳8.
  • 人間即家国の説 明世堂書店, 1944.
  • 哲学入門 国立書院, 1948.
  • 西晋一郎著作集 第1 (チマイオスとパルメニデース) カホリ書房, 1948.
  • 森鴎外に学ぶ人づき合いの知恵 複雑な社会を逞しく生きるために 日新報道, 1978.12.
  • 易・近思録講義 本間日出男筆記 木南卓一校訂増補. 溪水社, 1997.8.
  • 日本儒教の精神 朱子学・仁斎学・徂徠学 木南卓一 校合増補. 溪水社, 1998.8.
  • 人倫の道 西晋一郎語録 寺田一清編. 致知出版社, 2004.5.

翻訳編集

  • グリーン氏倫理学 金港堂, 明35.4.
  • 結婚論 アドラー 須郷侊太郎共訳. 内外出版, 1924.
  • 中小学校修身教授の理論及実際 アドラー 枩田与惣之助共訳. 大村書店, 1927.
  • 道徳教育 アドラー 枩田与惣之助共訳 同文書院, 1935.
  • 太極図説・通書 周敦頤 1938. 岩波文庫
  • 大学解通釈 中江藤樹 通釈. 目黒書店, 1939.

親族・先祖編集

父の昇蔵は士族の出身[4]。弟の恒次郎は医師、子の順蔵は中国思想史家として知られる。娘は弟子である倫理学者・森滝市郎と結婚した。

晋一郎を生んだ分知家医師の西家の初代は西恕庵といい、明和6年(1769年鳥取藩西分知家四代池田定得に召抱えられた。恕庵は定得、五代定常に仕え、天明5年(1785年)11月に没した[2]

二代目恕庵は天明5年(1785年)11月に家督を継ぎ、定常、六代定興、七代定保の三代に侍医として仕え、天保4年(1833年)3月に没した[2]

三代目柳庵はその5月に家督を継いだ[2]。七代定保、八代清直、九代清緝、十代徳定に仕えて維新をむかえ、明治2年(1869年家督を倅昇蔵に譲って隠居した[2]。その後鳥取で暮らしていたが、その没年は判っていない[2]。倅昇蔵は武士となって廃藩をむかえている[2]

  
                     ┏信蔵
               ┏晋一郎━━┫   
恕庵━━恕庵━━柳庵━━昇蔵━┫     ┗順蔵
               ┗恒次郎━━━禄郎

脚注編集

  1. ^ 『鳥取県大百科事典』766頁
  2. ^ a b c d e f g 森納著『続 因伯の医師たち』 291頁
  3. ^ a b 森納著『続 因伯の医師たち』 292頁
  4. ^ 元両分家御医師帳(県立博物館蔵)。

参考文献編集

  • 衛藤吉則『西晋一郎の思想-広島から「平和・和解」を問う』2018年1月31日、広島大学出版会
  • 『鳥取県大百科事典』(編集・新日本海新聞社鳥取県大百科事典編集委員会)1984年、766頁
  • 森納 『続 因伯の医師たち』 1985年 291-294頁
  • 縄田二郎『西晋一郎の生涯と思想』2003年4月10日、五曜書房

外部リンク編集