西本智実

日本の指揮者

西本 智実(にしもと ともみ、1970年4月22日- )は、日本の女性指揮者、舞台演出家。

西本 智実
出生名 西本 智実(にしもと ともみ)
生誕 (1970-04-22) 1970年4月22日(50歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市
学歴 大阪府立今宮高等学校
大阪音楽大学作曲学科卒業
ジャンル クラシック
職業 指揮者
担当楽器 指揮
活動期間 1998年 -
公式サイト Tomomi Nishimoto Official Website

大阪府大阪市出身。大阪府立今宮高等学校卒業、大阪音楽大学作曲学科卒業。身長167.5cm。趣味はドライブと温泉[1]

略歴編集

  • 1994年大阪音楽大学作曲学科を卒業[2][3]
  • 1996年、ロシア国立サンクトペテルブルク音楽院(指揮科)へ留学[3]
  • 1998年、文化庁芸術インターンシップ研修員[2]。同年、京都市交響楽団を指揮して日本国内デビュー[3]。「出光音楽賞」受賞[4]
  • 1997年、大阪府芸術劇場奨励新人賞を受賞。
  • 2000年、大阪市「咲くやこの花賞」(音楽部門)受賞[5]
  • 2002年1月、ロシアの民間オーケストラ「ロシア・ボリショイ交響楽団ミレニウム」の首席指揮者に就任[2]。以後2年ほどミレニウムの首席指揮者[2]
  • 2004年 、チャイコフスキー記念財団・ロシア交響楽団の芸術監督 兼 首席指揮者に就任[3]。ムソルグスキー=ミハイロフスキー記念サンクトペテルブルク国立アカデミックオペラバレエ劇場(旧レニングラード国立歌劇場)の首席客演指揮者に就任[3]。「ニューズウィーク」日本版の「世界が尊敬する日本人100人(10月20日号)」に選出[2][3]。第19回国民文化祭・ふくおか2004を指揮。
  • 2005年、チェコ・ナショナル交響楽団を指揮[3]
  • 2006年、チャイコフスキー記念財団・ロシア交響楽団の来日公演(5月-6月)で、チャイコフスキーの未完成の交響曲「ジーズニ」(ロシア人作曲家が補作)を指揮(日本初演)[2][3]。母校である大阪府立今宮高等学校の創立100周年記念式典で大阪フィルハーモニー交響楽団を指揮[6]大阪音楽大学創立90周年記念コンサートで指揮[7]ハンガリー国立歌劇場来日公演を指揮[8]
  • 2007年世界経済フォーラムの「ヤング・グローバル・リーダー2007」250人に選ばれる[3]プラハ国立歌劇場来日公演で指揮[3]リンツ・ブルックナー管弦楽団定期公演を指揮[9]。モスクワ交響楽団演奏会を指揮[10]
  • 2008年、モナコにてモンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団定期公演を指揮[11]。モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団の来日公演を指揮[12]ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団のシーズン最初の定期公演を指揮[13]。モスクワ交響楽団演奏会を指揮[10]
  • 2009年リトアニア室内管弦楽団の来日公演を指揮[14]ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の来日公演で指揮[15]プラハ国立歌劇場にて、オペラ「アイーダ」を指揮[16]
  • 2009年度ベストドレッサー賞(インターナショナル部門)を受賞[17]
  • 2010年、ラトビア国立交響楽団特別演奏会(ラトビア共和国リガ)でミッシャ・マイスキーと共演[18]。ラトビア国立交響楽団の日本公演を指揮し、ミッシャ・マイスキーと共演[19]。平城遷都1300年記念公演指揮[10]
  • 2010年、リトアニア国立交響楽団特別演奏会でスミ・ジョーと共演[20]。ヴィルニュス音楽祭2010に招聘される[21]ロシア国立交響楽団首席客演指揮者に就任[22]。ロサンゼルスとオレンジカウンティにてパシフィックシンフォニーオーケストラを指揮、スミ・ジョーと共演[23]カーネギー・ホールにてアメリカ交響楽団を指揮、スミ・ジョーと共演[24]
  • 2011年オリンパスホール八王子を運営する(公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団のエグゼクティブプロデューサーに就任[25]。モスクワ交響楽団演奏会を指揮[10]。ラクイラ音楽ホール落成コンサートを指揮[26]
  • 2012年9月より2年間、日本フィルハーモニー交響楽団ミュージック・パートナーを務めている[27]。日本で新設されたイルミナートフィルハーモニーオーケストラの芸術監督兼首席指揮者に就任。内閣府の「世界で活躍し『日本』を発信する日本人プロジェクト」で、サンクスレター送付対象に選ばれた[28]。中学数学3(日本文教出版)に巻頭メッセージが掲載される。
  • 2013年ロイヤルチェンバーオーケストラ音楽監督兼首席指揮者に就任[29]。11月、ヴァチカン国際音楽祭に招聘され、イルミナートフィルハーモニーオーケストラを率いて、サン・ピエトロ大聖堂における枢機卿ミサでは「オラショ」の原曲グレゴリオ聖歌を約455年ぶりに復元演奏[30]。最終日にはサン・パオロ大聖堂で交響曲第9番(合唱付)を指揮[31]。その後2019年まで毎年招聘されている。平戸名誉大使第1号に就任[32]。第8回国民文化祭 やまなし2013総合フェスティバル開会式に出演[10]
  • 2014年、4月より大阪音楽大学客員教授に就任[33]。4月、ブラジルにて国立クラウディオ・サントロ劇場交響楽団定期演奏会を指揮[34]。6月、大阪市により新たに設置された大阪国際文化大使に就任[35]。8月、演奏会形式バレエ「白鳥の湖」で芸術監督として舞台演出を手がける。[36]。10月、ヴァチカンの音楽財団より【名誉賞】を日本人で初めて授与される[37]。リトアニア国立カウナスドラマ劇場にて、権代敦彦作曲オペラ「桜の記憶」を世界初演(日本大使館後援)[10]。文部科学省「トビタテ!留学JAPAN」パネリストを務める[10]。平戸市にて「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」 世界遺産登録推進コンサートを指揮[10]
  • 2015年、6月、2015年韓日・日韓国交正常化50周年記念スミ・ジョーガラコンサートを指揮[38]。7月、日ブラジル外交関係樹立120周年記念コンサートに招聘されブラジルにてリオ私立劇場交響楽団と共演[39]。8月、ヴァチカンローマ教皇庁ローマ教皇総代理より、原爆投下70年に際して広島市長と長崎市長あての親書を託され、それぞれの市長に手渡した[40]。9月、芸術監督として舞台演出した音舞台泉涌寺は、US国際映像祭(TV・パフォーミングアーツ部門銀賞)、ワールドメディア・フェスティバル(ドキュメンタリー芸術番組銀賞)を同時受賞[41]。高野山開創1200年記念慶讃法要 奉納演奏指揮[10]。エクアドル国立交響楽団演奏会を指揮[10]。ペルー共和国文化省主催のペルー共和国独立記念コンサートを指揮[10]
  • 2016年第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)に向けて、 日本政府が海外へ日本国を広報するTVCM及び日本国政府公式英文広報誌「We Are Tomodachi」に、国際的に活躍している日本人として起用される[42]。8月、「くるみ割り人形」で芸術監督として舞台演出を手がける。[43]。東洋文庫諮問委員を務める[44]。松本歯科大学名誉博士に就任[45]。エルサレム交響楽団を指揮し、イスラエルFM局Kol Ha Musicalにてイスラエル全土にLIVE放送される。また、THE Japan TimesやNHK総合「おはよう日本」及びNHK BS1「国際報道2016」にてその公演が報道される[10]。中国国家交響楽団、北京大学公演を指揮[10]
  • 2017年、9月、「ロミオとジュリエット」で芸術監督として舞台演出を手がける。[46]。10月、伝統芸能とオペラを融合させた「ストゥーパ〜新卒塔婆小町」の指揮・演出・脚本を務める[47]。外務省「ロシアにおける日本年」「日本におけるロシア年」日本側組織委員を務める[48]。岸和田市立浪切ホール 芸術ディレクター就任[10]。文部科学省 「トビタテ!留学JAPAN」パネリストを務める[10]。出演したヴァチカン国際音楽祭がヴァチカン放送やEWTN Vaticanoにて、全世界に配信される。
  • 2018年、12月、イルミナートフィルを率いて中国主要7都市8公演のコンサートツアーを行い、広州大劇院名誉芸術顧問に就任[49]。安倍総理主催、李克強中国国務院総理歓迎晩餐会に於いて指揮[10]。世界文化遺産【長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産】世界遺産登録記念コンサートに出演[10]。2018年度文化庁芸術祭、ラジオドキュメンタリー部門優秀賞[50]。北京にて日中平和友好条約締結40周年 中国国家交響楽団を指揮し、CGTN(中華人民共和国の中国グローバルテレビジョンネットワークの英語による国際ニュース放送チャンネル)や人民日報、他で報道される。
  • 2020年、ドイツの公共放送Zweites Deutsches Fernsehen(ZDF)が主宰するZDFカルチャープラットフォーム「ZDF KULTUR」のプロジェクト「リーディング・ウーマン(Leading Woman)」に世界各国で活躍する女性リーダーのひとりとして紹介される[51]

作品・出版物編集

CD編集

  1. 「ロミオとジュリエット」(2000年4月11 - 13日録音) チャイコフスキーおよびプロコフィエフの同名作品
  2. チャイコフスキー交響曲第6番〜悲愴〜」(2002年1月5日 - 10日録音)
  3. バレエ音楽「白鳥の湖くるみ割り人形」(2002年1月5日 - 10日録音)
  4. 革命 & 1812」(2003年1月28日 - 2月2日録音)
  5. BOLERO」(2003年1月28日 - 2月2日録音)
  6. 「ニューイヤーコンサート2004 イン・モスクワ」(2004年1月2日ライブ録音)
  7. ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」」(2008年3月28日 - 30日録音)
  8. チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」作品71(全曲)」(2008年8月18日 - 20日録音)
  9. 「イン・コンサート」
  10. ベートーヴェン 交響曲第7番
  11. マーラー 交響曲第5番
  12. 「チャイコフスキー 交響曲第5番
  13. リムスキー=コルサコフ 交響組曲シェエラザード

DVD編集

  1. ボレロ 火の鳥 & 展覧会の絵」(2003年5月15日収録)
  2. 「New Year Moscow 2004」(2004年1月2日収録)
  3. 西本智実指揮 チェコ・ナショナル交響楽団幻想交響曲」(2005年8月6日収録)
  4. チャイコフスキー 未完成交響曲「ジーズニ」』(2006年6月5日収録)
  5. 『チャイコフスキー:交響曲第5番 &第6番「悲愴」』(2006年6月5日 - 6日収録)
  6. 『西本智実の新世界交響曲:ライヴ・イン・ブダペスト』(2008年10月21日ハンガリー国立歌劇場にて収録)

書籍編集

  1. 公演プログラム写真集『西本智実・31歳の新星〜日本とロシアと〜』(2002年10月1日)
    • 著者:伊東雨音、撮影:塩澤秀樹
  2. 『西本智実 私の中のロシア』(2004年12月20日)
    • 編著:伊東雨音、写真:中島正之
  3. 『知識ゼロからのオーケストラ入門』(2011年11月8日)
    • 監修:西本智実
  4. 『指揮者・西本智実 静かなる革命』(2013年6月25日)
    • 編著:垣花理恵子

メディア出演編集

ドキュメンタリー編集

  • ミステリアス・ジャパン(BSジャパン、2016年4月〜)
  • 奇跡のレッスン 新春スペシャル~世界の最強コーチに学ぶ飛躍の法則~(2016年1月2日)
  • 夏木マリ、丈夫も芸のうち(NHKラジオ第一、2014年6月10日)
  • 新たな扉〜西本智実 東南アジアへの道〜(BSジャパン、2014年3月30日)
  • 西本智実 祈りの歌をバチカンへ(NHK、2013年12月23日)
  • すっぴん(NHKラジオ第一、2013年9月27日)
  • ラジオ深夜便(NHKラジオ第一、2012年10月26日)
  • J-MELO in モスクワ(J-MELO、2011年12月12日)
  • もっと「もしドラ!」~アニメでわかるドラッカー~(2011年3月10日)
  • となりの子育て「育てた人にきいてみる 指揮者・西本智実の母」(NHK教育、2010年2月20日)
  • 私の1冊 日本の100冊「西本智実“トロッコ”」(NHKBS、2008年12月11日)
  • 課外授業 ようこそ先輩「一歩踏み出す勇気~指揮者・西本智実」(NHK、2008年8月31日)
  • ザ少年倶楽部 ープレミアムー(NHK、2008年6月15日)
  • スタジオパークからこんにちは(NHK、2008年5月28日)
  • ぴあのピア ー天才日曜作曲家―(NHK、2007年10月4日)
  • 生活ほっとモーニング・1部 「注目!ほっとカルチャー~幻の交響曲に挑む! 指揮者・西本智実」(NHK、2005年11月11日)
  • 映像交響曲 ―路―(NHK、2003年9月30日)
  • NHKニュース おはよう日本(NHK、2002年9月28日)

CM編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 西本智実公式ブログ
  2. ^ a b c d e f 「美貌の女性指揮者西本智実の『虚飾』」 『週刊朝日』 2006年8月4日号、44-52頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 朝日新聞に2007年に掲載されたインタビュー記事(Web魚拓)
  4. ^ 出光興産株式会社公式サイト 『出光音楽賞歴代受賞者』
  5. ^ 大阪市-ゆとりとみどり振興局-文化部-文化振興担当「咲くやこの花賞」公式サイト 『咲くやこの花賞 これまでの受賞者』
  6. ^ 大阪府立今宮高校同窓会「自彊会」公式サイト 『創立100周年記念式典』(Web魚拓)
  7. ^ 西本智実公式サイト
  8. ^ 西本智実公式サイト
  9. ^ 西本智実公式サイト
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 西本智実公式サイト
  11. ^ 西本智実公式サイト
  12. ^ 大分県立総合文化センター公式サイト モンテカルロフィルハーモニー管弦楽団 大分公演(2008年6月19日)の案内(Web魚拓)
  13. ^ 西本智実公式サイト(トピックス)
  14. ^ 札幌市観光文化局文化部市民文化課運営「札幌のイベント情報」 リトアニア室内管弦楽団 札幌公演(2009年4月7日)の案内(Web魚拓)
  15. ^ 北國新聞社公式サイト ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 金沢公演(2009年9月24日)の案内(Web魚拓)
  16. ^ 西本智実公式サイト
  17. ^ 一般社団法人日本メンズファッション協会公式サイト 『ベストドレッサー賞受賞者』
  18. ^ 西本智実公式サイト
  19. ^ 千葉県文化会館公式サイト ラトビア国立交響楽団 千葉公演(2010年12月1日)の案内(Web魚拓)
  20. ^ 西本智実公式サイト
  21. ^ 西本智実公式サイト
  22. ^ 西本智実公式サイト
  23. ^ 西本智実公式サイト
  24. ^ 西本智実公式サイト
  25. ^ 八王子市学園都市文化ふれあい財団公式サイト 『西本智実プロジェクトin八王子』(Web魚拓)
  26. ^ 在イタリア日本国大使館公式HP
  27. ^ 日本フィルハーモニー交響楽団公式サイト 2012年4月6日 「西本智実×日本フィル新しい世界へ-ミュージック・パートナー就任決定」
  28. ^ 「国境を越えた情熱」をもって頑張る日本人の活動概要
  29. ^ 西本智実公式サイト
  30. ^ 西本智実公式サイト
  31. ^ 「週刊文春」2013年10月31日号
  32. ^ 西本智実公式サイト
  33. ^ [1]
  34. ^ 西本智実公式サイト
  35. ^ 大阪市公式HP
  36. ^ 西本智実公式サイト
  37. ^ 京都新聞
  38. ^ 駐日韓国文化院
  39. ^ 産経ニュース
  40. ^ 産経ニュース
  41. ^ 京都知新
  42. ^ 西本智実公式サイト
  43. ^ 西本智実公式サイト
  44. ^ 西本智実公式サイト
  45. ^ 西本智実公式サイト
  46. ^ 西本智実公式サイト
  47. ^ 西本智実公式サイト
  48. ^ 外務省HP
  49. ^ ぴあ
  50. ^ 文化庁HP
  51. ^ ZDFカルチャープラットフォーム
  52. ^ 愛のあいあるLOVE日記(2006年6月9日)”. 2017年7月1日閲覧。

外部リンク編集