メインメニューを開く

西村 進一(にしむら しんいち、1919年12月30日 - 2006年11月13日[1])は、京都府出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手。旧姓は木村

西村 進一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 1919年12月30日
没年月日 (2006-11-13) 2006年11月13日(86歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1939年
初出場 1939年
最終出場 1942年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

目次

来歴・人物編集

平安中学校では遊撃手として、1935年第12回選抜中等学校野球大会から1938年第24回全国中等学校優勝野球大会まで8季連続で甲子園に出場した。

高校卒業後に立命館大学へ進み、1939年に大学を中退して名古屋軍へ入団。

1943年に召集され戦地で右手首を失い選手生命を絶たれた。

1948年から指導者として母校である平安高校の監督に就任。義手にボールを乗せて、左手1本でノックするなどの熱血指導で有名だった[1]1951年には第33回高校野球選手権で優勝を果たした。1951年、西村に改名。

平安高校退任後は、扇町高校岸和田高校の監督を経て、龍谷大学硬式野球部監督に就任。関西六大学野球連盟昇格や初のリーグ優勝へと導く。1971年には金沢市社会人野球チーム・西川物産の監督に就任し、第42回都市対抗野球大会及び第44回都市対抗野球大会に出場。1975年大阪産業大学監督に就任した。

2006年11月13日脳梗塞のため死去[1]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1939 名古屋 4 7 6 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 0 1 -- 0 0 3 .000 .143 .000 .143
1940 45 57 48 8 5 0 0 0 5 1 3 -- 2 0 7 -- 0 10 4 .104 .218 .104 .322
1941 66 255 205 17 36 2 0 0 38 8 6 -- 10 -- 40 -- 0 24 1 .176 .310 .185 .496
1942 71 297 246 18 41 4 0 1 48 16 8 7 16 -- 34 -- 1 29 3 .167 .270 .195 .466
通算:4年 186 616 505 43 82 6 0 1 91 25 17 7 28 0 82 -- 1 63 11 .162 .281 .180 .461

背番号編集

  • 21 (1939年 - 1942年)

脚注編集

  1. ^ a b c 西村進一氏死去/元平安高野球部監督”. 四国新聞社 (2006年11月16日). 2013年5月22日閲覧。

関連項目編集