メインメニューを開く

西永 良成(にしなが よしなり、1944年6月11日 - )は、フランス文学者、東京外国語大学名誉教授。専門は20世紀フランス文学を軸としたフランス現代思想研究。

富山県生まれ。東京大学文学部卒業。ソルボンヌ大学に留学。2008年東京外国語大学教授を定年退職、パリ国際大学都市日本館館長。

著書編集

単著編集

編著・共編編集

  • 『失われた手紙』(白水社, 1991年)
  • 原卓也)『翻訳百年――外国文学と日本の近代』(大修館書店, 2000年)
  • (三浦信孝・坂井セシル)『日仏翻訳交流の過去と未来』(大修館書店, 2014年)

訳書編集

  • ミラン・クンデラ『生は彼方に』(早川書房, 1978年 改訂版1995年/ハヤカワ文庫, 2001年)
  • ベルナール=アンリ・レヴィ『人間の顔をした野蛮』(早川書房, 1978年)
  • アンドレ・グリュックスマン『思想の首領たち』(中央公論社, 1980年)
  • ジャン=フランソワ・ルヴェル『全体主義の誘惑』(新潮社, 1981年)
  • ジャン=ヴィクトル・オカール『モーツァルト』(白水社, 1985年)
  • ジャン=ポール・サルトル『フロイト――シナリオ』(人文書院, 1987年)
  • ジャン=ポール・サルトル『ボーヴォワールへの手紙』(人文書院, 1988年)
  • ジャン・グルニエ『正統性の精神』(国文社, 1988年)
  • イブラーヒーム・スース『ユダヤ人の友への手紙』(岩波書店, 1989年)
  • アンドレ・グリュックスマン『第11の戒律』(新潮社, 1992年)
  • ミラン・クンデラ『笑いと忘却の書』(集英社, 1992年、集英社文庫, 2013年)
  • ミラン・クンデラ『微笑を誘う愛の物語』(集英社, 1992年)、千野栄一ほかと共訳
    • 『可笑しい愛』(集英社文庫, 2003年)、単独訳
  • ジャン=イヴ・タディエ『20世紀の文学批評』(大修館書店, 1993年)
  • ミラン・クンデラ『別れのワルツ』(集英社, 1993年、集英社文庫, 2013年)
  • ミラン・クンデラ『裏切られた遺言』(集英社, 1994年)
  • ミラン・クンデラ『緩やかさ』(集英社, 1995年)
  • ミラン・クンデラ『ほんとうの私』(集英社, 1997年)
  • ポール・ヴェーヌ『詩におけるルネ・シャール』(法政大学出版局, 1999年)
  • エクトール・ビアンシォッティ『夜が昼に語ること』(国際言語文化振興財団, 2000年)
  • ミシェル・フーコー『ミシェル・フーコー思考集成(9) 自己/統治性/快楽 1982-83』(筑摩書房, 2001年)
  • ミラン・クンデラ『無知』(集英社, 2001年)
  • ミラン・クンデラ『カーテン――7部構成の小説論』(集英社, 2005年)
  • 『ルネ・シャールの言葉』(編訳:平凡社, 2007年)
  • デュマ・フィス椿姫』(光文社古典新訳文庫, 2008年/角川文庫, 2015年)
  • ミラン・クンデラ『世界文学全集(1-03) 存在の耐えられない軽さ』(河出書房新社, 2008年)
  • ポール・ヴェーヌ『「私たちの世界」がキリスト教になったとき』 (岩波書店, 2010年)。渡名喜庸哲共訳
  • ミラン・クンデラ『出会い』(河出書房新社, 2012年)
  • ヴィクトル・ユゴーレ・ミゼラブル』(ちくま文庫(全5巻), 2012年-2014年) 
  • ブノワ・デュトゥルトル『フランス紀行』(早川書房, 2014年)
  • ミラン・クンデラ『冗談』(岩波文庫, 2014年)。原著の改訂版で新訳
  • ミラン・クンデラ『無意味の祝祭』(河出書房新社, 2015年)
  • ミラン・クンデラ『小説の技法』 (岩波文庫, 2016年)

参考編集

  • 『文藝年鑑2007』
  • 西永良成 略歴[含 著書] (西永良成教授退官記念号) ふらんぼー 2008