メインメニューを開く

ミュージカル・ロマンス[1]西海に花散れど』(さいかいにはなちれど)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。副題は「平資盛日記抄[1]」。10場[1]

星組[1]公演。

作・演出は菅沼潤[1]

併演作品は『ザ・レビューIII[1]』。

物語編集

※宝塚歌劇100年史の宝塚大劇場公演[2]を参考にした。

平家一門の一人で平清盛の孫、平資盛の恋物語を描いた作品。

彼は、血気盛んで豪放磊落、周囲の期待を一身に集める若者であった。資盛は七夕の宵に一人の姫君と恋に落ちるが、その姫君・左近は敵方・後白河法皇に宮仕えする女房だった。その後、源氏軍の勢いに押され太宰府四国八島と落ちていく平家一門の人々。資盛の傍らに遊女の小雪の姿があった。

公演期間と公演場所編集

スタッフ(宝塚・東京)編集

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両公演共通。

配役編集

宝塚・東京編集

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両公演共通。

本公演
新人公演

中日劇場編集

  • 資盛 - 峰さを理[6]
  • 小雪 - 湖条れいか[6]
  • 左近 - 南風まい[6]
  • 有盛 - 日向薫[6]
  • 忠房 - 紫苑ゆう[6]
  • 建礼門院 - 藤京子[6]
  • 二位尼 - 葉山三千子[6]
  • 宗盛 - 一樹千尋[6]
  • 知盛 - 萬あきら[6]
  • 維盛 - 夏美よう[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 80年史 1994, p. 312、313、321.
  2. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 157.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 80年史 1994, p. 312.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 80年史 1994, p. 314.
  5. ^ a b c d e 80年史 1994, p. 313.
  6. ^ a b c d e f g h i j k 80年史 1994, p. 321.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5