メインメニューを開く

西濃運輸株式会社(せいのううんゆ、英字:Seino Transportation Co., Ltd.)は、日本運輸会社

西濃運輸株式会社
Seino Transportation Co., Ltd.
Headquarters of Seino Holdings.JPG
本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
503-8501
岐阜県大垣市田口町1番地
北緯35度20分50.9秒
東経136度37分26.2秒
座標: 北緯35度20分50.9秒 東経136度37分26.2秒
設立 2005年10月1日会社分割により)
業種 陸運業
法人番号 7200001015755
事業内容 貨物運送事業
代表者 代表取締役 田口義隆
代表取締役社長 神谷正博
資本金 1億円
従業員数 1万2869名(2019年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 セイノーホールディングス(株) 100%
主要子会社 濃飛西濃運輸関東西濃運輸など
関係する人物 那須野昌隆(元社長)
外部リンク http://www.seino.co.jp/seino/
テンプレートを表示

目次

概要編集

 
路線車両

田口利八岐阜県益田郡萩原町(現・下呂市)で創業した田口自動車を前身とする。

現在、本社は同県大垣市に所在する。「カンガルー便」などの愛称を用いている。特別積合せ事業のパイオニア的存在として知られ、戦後いち早く長距離路線トラックを走らせたことで知られている。現在、路線トラックで業界最大手。

2005年10月に、従来の西濃運輸株式会社(旧法人)が、セイノーホールディングス株式会社に商号変更して持株会社に移行し、同日付で子会社西濃運輸株式会社が新たに設立され、従来の物流業務を引き継ぐこととなった。

テレビCMは1990年代の一時期は全国で放映されており、女優の三田佳子を起用していた。

沿革編集

営業形態編集

宅配便を含めた特別積合せ輸送において、ヤマト運輸佐川急便日本郵便に次ぐ業界4位。宅配便の規格外を含めた企業間物流(BtoB)においては業界最大手。 工場・倉庫などから販売店・営業所など企業間輸送が多くを占め、宅配上位3社が扱わない宅配規格外(3辺計180cm以上、30kg以上)貨物の全国取扱を行う。 日常的に扱う貨物に大型・重量物が多いため、ドライバー職における男性比率が非常に多い。そのため、女性従業員の大半は営業所事務職であり、宅配他社に見られる女性ドライバーなど現場系従業員は殆どいない。ただし、90年代はカンガルーレディと呼ばれるドライバーが存在し、また整備部門で女性技術者の採用があった。 個人宛宅配便の取扱もあるが、個人宛宅配貨物の配達を日本郵便ヤマト運輸に委託する地域が存在している。 また、他社では路線便と呼ばれる営業所間輸送の多くを中小の運輸会社に業務委託しているが、同社では自社運行比率が高い。

グループ企業編集

同社の特徴として、基幹業務である運輸業における地域会社の比率が非常に高く、地方部では「関東西濃運輸」や「北海道西濃運輸」など社名に地域名を冠した地域会社が多く営業している。これは、かつて営業基盤を持たない地域において、業務委託などをしていた中小の運輸会社を西濃グループ入りさせていることに起因する。そのため、福山通運や名鉄運輸などの同業他社に見られる地域会社とは成立の経緯が大きく異なる。中には、「こばうん」や「関東運輸」など、社名に「西濃」が含まれていないグループ会社も存在しているほか、地域会社でも資本関係などにより子会社でない企業も存在する。

営業拠点・関連会社編集

本社編集

  • 岐阜県大垣市田口町1番地

北海道・東北編集

北海道
  • 全域を北海道西濃運輸が担当
青森県
  • 青森支店
  • 弘前営業所
秋田県
  • 秋田支店
岩手県
  • 盛岡支店(盛岡市
  • 一部地域を東北西濃運輸が担当
宮城県
  • 仙台支店
  • 仙台南支店(名取市
  • 一部地域を東北西濃運輸が担当
山形県
  • 山形支店
  • 庄内営業所
  • 一部地域を東北西濃運輸が担当
福島県
  • 福島支店
  • 郡山支店
  • 一部地域を関東西濃運輸、東北西濃運輸が担当

関東・甲信越編集

新潟県編集

  • 新潟支店
  • 三条支店
栃木県
  • 全域を関東西濃運輸が担当
群馬県
  • 全域を関東西濃運輸が担当
茨城県
  • 土浦支店
  • 水戸支店
  • 一部地域を関東西濃運輸・埼玉西濃運輸・東京西濃運輸が担当
埼玉県
  • 岩槻支店
  • 大宮支店
  • 越谷支店
  • 入間支店
  • 和光支店
  • 一部地域を関東西濃運輸、埼玉西濃運輸、東京西濃運輸が担当
東京都
  • 世田谷支店
  • 浅草支店
  • 足立支店
  • 足立東支店
  • 板橋支店
  • 東京支店
  • 錦糸町支店
  • 八王子支店
  • 京浜ターミナル支店
  • 大森支店
千葉県
  • 柏支店
  • 佐倉支店
  • 松戸支店
  • 市川支店
  • 千葉支店
  • 船橋支店
  • 木更津支店
  • 一部地域を東京西濃運輸が担当

神奈川県編集

  • 横浜支店
  • 横浜南支店
  • 鶴見支店
  • 川崎支店
  • 相模原支店
  • 座間支店
  • 厚木支店
  • 藤沢支店
  • 茅ヶ崎支店
  • 小田原支店
  • 一部地域を神奈川西濃運輸が担当

山梨県編集

  • 甲府支店

東海・中部編集

静岡県編集

  • 静岡支店
  • 沼津支店
  • 富士支店
  • 藤枝支店
  • 袋井支店
  • 浜松支店
  • 一部地域を伊豆西濃運輸が担当

愛知県編集

  • 名古屋支店
  • 名古屋東支店
  • 小牧支店
  • 豊橋支店
  • 豊川支店
  • 大曽根支店
  • 笠寺支店
  • 枇杷島支店
  • 津島支店
  • 一宮支店
  • 一部地域を東海西濃運輸、三河西濃運輸が担当

岐阜県編集

  • 岐阜支店
  • 大垣支店
  • 一部地域を東海西濃運輸、濃飛西濃運輸が担当

長野県編集

  • 全域を東海西濃運輸が担当

三重県編集

  • 四日市支店
  • 鈴鹿支店
  • 久居支店
  • 伊勢支店
  • 津営業所
  • 一部地域を三重西濃運輸が担当

富山県編集

  • 全域を濃飛西濃運輸が担当

石川県編集

  • 全域を濃飛西濃運輸が担当

近畿編集

滋賀県編集

  • 彦根支店
  • 滋賀支店
  • 大津支店
  • 長浜支店
  • 近江営業所

京都府編集

  • 京都支店
  • 京都南支店
  • 亀岡営業所

奈良県編集

  • 奈良支店

大阪府編集

  • 大阪支店
  • 大阪西支店
  • 茨木支店
  • 摂津支店
  • 北大阪支店
  • 豊中支店
  • 関目支店
  • 大東支店
  • 河内支店
  • 松原支店
  • 堺支店
  • 平野営業所
  • 布施営業所

和歌山県編集

  • 和歌山支店

兵庫県編集

  • 神戸支店
  • 尼崎支店
  • 西神戸支店
  • 神明支店
  • 姫路支店
  • 加西支店
  • 福知山営業所

中国・四国編集

鳥取県編集

  • 全域を日ノ丸西濃運輸が担当

島根県編集

  • 全域を日ノ丸西濃運輸が担当

岡山県編集

  • 岡山支店
  • 倉敷営業所
  • 備前営業所
  • 津山営業所

広島県編集

  • 広島支店
  • 西広島支店
  • 福山支店
  • 三次営業所
  • 呉営業所
  • 尾道営業所
  • 東広島営業所

山口県編集

  • 山口支店
  • 宇部支店
  • 下松支店
  • 岩国営業所
  • 下関営業所

香川県編集

  • 全域を四国西濃運輸が担当

徳島県編集

  • 全域を四国西濃運輸が担当

愛媛県編集

  • 全域を四国西濃運輸が担当

高知県編集

  • 全域を四国西濃運輸が担当

九州・沖縄編集

福岡県編集

  • 全域を九州西濃運輸が担当

佐賀県編集

  • 全域を九州西濃運輸が担当

長崎県編集

  • 全域を九州西濃運輸が担当

熊本県編集

  • 全域を九州西濃運輸と熊本西濃運輸が担当

大分県編集

  • 全域を九州西濃運輸が担当

宮崎県編集

  • 全域を九州西濃運輸が担当

鹿児島県編集

  • 全域を九州西濃運輸が担当

沖縄県編集

  • 全域を沖縄西濃運輸が担当

グループ企業編集

北海道・東北編集

北海道
岩手県
  • 東北西濃運輸株式会社(奥州市)
  • 岩手西濃運輸株式会社(盛岡市) ※宮城西濃運輸と統合により本社移転、東北西濃運輸に社名変更

関東編集

群馬県
埼玉県
東京都
神奈川県

東海・中部編集

静岡県
愛知県
三重県

岐阜県編集

  • 東海西濃運輸(土岐市)
  • 濃飛西濃運輸(関市)
岐阜県大垣市
岐阜県大垣市以外

北陸・近畿編集

福井県
京都府
大阪府

中国・四国・九州編集

鳥取県
愛媛県
福岡県
熊本県
沖縄県

業務委託企業編集

  • 軽貨物運送業者
    宅配を中心とした小荷物の配達。原則配達のみで集荷は行わず、例外的に「配達時同時引取り」のような場合のみ集荷を行う(集荷は原則として西濃運輸の社員が行うために業務委託の対象とはなっていない。)
  • ヤマト運輸(株)
    ヤマト運輸へ配達させる場合は、「協力会社へ中継」という形となり、西濃の本来の受ける側の担当支店からヤマトの担当ベース店へ輸送され、ヤマトの伝票番号を別途符番(ただし、送り状自体は西濃のもののまま張り直し等はせず、ヤマト側の伝票番号が書かれたバーコードシールが荷物に貼り付けられるのみ)した上で、受取人住所を管轄する宅急便センターが配達する。検索方法としては、西濃側は差し出し受付の時点から(ヤマトから受けた情報を元に)最後まで検索出来る形を取っているが、ヤマト側は引き受けしたベース店からの輸送情報が提示される形を取る。主に、受取人が個人宛の場合に実施される。したがって、このケースにおける再配達時間指定については、ヤマト運輸の規定のものに準じて行う形となる。宮城県ではこの方式がとられている(西濃運輸仙台支店が、ヤマト運輸宮城ベース店(仙台市泉区大沢に所在)に送付し、受取人の住所を管轄する各センターを通して配達する)。
  • JPエクスプレス(株)→郵便事業(株)→日本郵便(株)
    カンガルーチルド便は、従前はJPエクスプレスへ配達業務を委託し、クールペリカン便同様の扱いで配達されていたが、2010年7月1日以降は、旧ペリカン便JPエクスプレス宅配便)事業を譲受した郵便事業が、チルドゆうパック扱いで配達する形に変更された(2012年10月、郵便事業が郵便局に吸収合併されたため、現行は日本郵便が担当)。
    カンガルーチルド便以外でも、受取人が個人の場合は、地方により、カンガルーミニ便など、ヤマト運輸に配達させる方法同様、「協力会社へ中継」の形でゆうパックの配達方法により、日本郵便の配達員が配達する場合がある。この場合も、ゆうパックのバーコードを貼り付けて、西濃側の番号では発送から配達済みまで検索できるが、日本郵便側の番号では、受取人側の住所地を管轄する地域区分局から配達済みとなるまでの状況しか検索できない。秋田県ではこの方式がとられている(西濃運輸秋田支店が、地域区分局である秋田中央郵便局に送付し、秋田中央局から担当する各集配局を通じて配達する)。
  • 小規模区域運送会社
    鹿沼梱包運輸や、東京急配などの特定地域で区域営業している中小運送業者に配達業務を委託している場合や、傭車契約をしている場合がある。

商品編集

  • 特別積合輸送
    • 小荷物輸送(重量20kg以下・3辺の計130cm以下の1個口の荷物を指す)
      • カンガルーミニ便(個人・法人向け宅配便)
        • 時間帯指定は、「午前中(9時 - 12時)」と「午後(13時 - 17時)」のいずれか。当日再配達締めは15時で、再配達時の最終指定時間帯は18時 - 20時。なお、中継地域では、ヤマト運輸に配達させるケースを除き、不在時の17時以降の再配達を断られるケースもあるため、日中不在がちな相手への送付には注意が必要。
    • 一般貨物輸送(小荷物に該当しない貨物で混載(積み合わせ)をするものを指す)
      • カンガルー特急便(一般)
    • ボックスチャーター
  • 一般貸切輸送
    • カンガルー貸切便
    • カンガルー引越便

※引越関連商品の発売は、担当部署を分割子会社化し、それによって新設されたセイノー引越株式会社が行っている。

  • メール便
    • カンガルーPostalメール便(郵便事業ゆうメール大口割引を利用して配達。従って、厳密な意味でのメール便ではなく、日本通運のNITTSU郵メール便や佐川急便の飛脚ゆうメールに相当するサービス)
  • カンガルー自転車イベント便
  • 自転車レースやサイクリング大会で使う自転車をあらかじめ、参加者の家まで集荷し、大会前夜に宿泊するホテルやイベント会場へ輸送する往復宅配便サービスである。尚、会場への直接配達や集荷ができるのは一部の大会のみである、このサービスが使えるレースやサイクリングの大会は西濃運輸ではサポート大会としている[1]

業務提携編集

  • 福山通運
    休日における路線便の協同運行や、特定着荷主への協同配達など業務効率化に向けた提携を行っている。
  • 日本郵便(旧日本郵政公社→郵便事業)と業務提携
西濃運輸が集荷したゆうパックを、ゆうパックネットワークで配達(カンガルーゆうパック)
※カンガルーチルド便を「チルドゆうパック」として配達(元は、ペリカン便JPエクスプレス郵便事業より継承したもの)。


品質問題編集

同社は宅配上位3社と比較して、遅延、破損、紛失の確率が高く高価品や急送品には向かない。2015年には出版社発富山県立高校宛の個人情報が含まれた書類を紛失する事案が発生したほか、個人宅宛の荷物が予定通りに届かなく、公式Twitterには問い合わせや苦情が殺到し謝罪の嵐となった時期があった。また、配達営業所に追跡上到着が確認出来ても数日以上持出の形跡がなく配達店に問い合わせると荷物が見つからないという事態が度々発生している。特に、12月の繁忙期になれば、「残荷祭」と呼ばれる状態となり、配達しきれない荷物で営業所構内がごった返す状態となる。また、郡部などの地方では協力会社へ中継したり、配達する曜日が限られている地区(山間部などに多い)などもあり、宅配大手他社と比較しリードタイムが1~2日程度遅くなる地域が多々存在する。

車両編集

  • グループ会社に、岐阜県下のトヨタ系ディーラーや岐阜日野自動車があるためトラックのほとんどがトヨタ日野である。ごく少数であるがいすゞも導入している。過去にはベンツ製もあった。
  • 集配車両後部にはドライバーの名前と所属支店が書いてある。路線車には担当ドライバーの記載は無いが、後方観音扉右下部に所属支店の略号が記されている。

集配車はトラックの使い回しが多いので名札とドライバーの名前が一致しないことがままある。 営業所の営業車はほとんどがMT である。ATの営業車は少ない。 ATしか運転できない人は履歴書提出時に注意しないといけない。 ユニック車、平ボディ車、ゲート車や、荷室にレールを付け、洋服をかけて輸送ができる車両を持つ。

2016年3月より、大型トラック後部に「子育てなら大垣市」のステッカーを装着している[2]

広告編集

スポンサー編集

スポンサー番組編集

テレビ

現在

過去

ラジオ

現在

過去

企業スポーツ編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集