西濃運輸硬式野球部

西濃運輸硬式野球部(せいのううんゆこうしきやきゅうぶ)は、岐阜県大垣市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球の企業チームである。 運営母体は、運送会社西濃運輸

西濃運輸硬式野球部
チーム名(通称) 西濃、西濃運輸
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1960年
チーム名の遍歴
  • 西濃運輸 (1960 - 1980 , 1984 - )
本拠地自治体
  • 岐阜県大垣市 (1960 - 1980 , 1984 - )
  • チームカラー 紺色
    監督 阪本一成
    都市対抗野球大会
    出場回数 37回
    最近の出場 2018年
    最高成績 優勝
    社会人野球日本選手権大会
    出場回数 17回
    最近の出場 2015年
    最高成績 準優勝
    全日本クラブ野球選手権大会
    出場回数 ※出場資格なし

    親会社をはじめとして、協力会社などで構成される「カンガルー会」や地元自治体の大垣市などからも支援を受けており、地域密着型チームの成功例としても知られる。

    目次

    概要編集

    1960年岐阜県大垣市に本社を置く西濃運輸の硬式野球部として創部。

    1962年都市対抗野球に、1974年日本選手権にそれぞれ初出場を果たした。

    都市対抗野球に3年連続で代表になれなかったため、1981年から1983年の3年間活動を休止した[1]

    1994年都市対抗野球で史上初の東海勢対決となった決勝戦で本田技研鈴鹿に敗れ準優勝となった。

    1996年日本選手権で決勝まで進出するが住友金属に敗れ準優勝となった。

    2003年、同じ岐阜県に本拠地を置いていた昭和コンクリートが休部したことを受けて同部から7選手が移籍する。一時期は休廃部した社会人野球チームの選手の受け皿ともなっていたが、その反面獲得した新人選手を3ヶ月で戦力外にするなど、選手の入れ替わりが非常に激しいチームでもある。

    2014年都市対抗野球で初優勝を果たした。

    設立・沿革編集

    主要大会の出場歴・最高成績編集

    主な出身プロ野球選手編集

    元プロ野球選手の競技者登録編集

    かつて在籍していた主な選手・コーチ・監督編集

    脚注編集

    [ヘルプ]
    1. ^ 悲願の黒獅子旗 挫折乗り越え夢つかむ”. 岐阜新聞web (2016年12月30日). 2017年2月18日閲覧。

    関連項目編集

    外部リンク編集