メインメニューを開く

西濃鉄道株式会社(せいのうてつどう)は、岐阜県大垣市貨物鉄道を運営している会社。本社は岐阜県大垣市赤坂町173番地1にある。

西濃鉄道株式会社
西濃鉄道本社外観
西濃鉄道本社外観
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
503-2213
岐阜県大垣市赤坂町173番地1
北緯35度23分16.2秒 東経136度34分53.6秒 / 北緯35.387833度 東経136.581556度 / 35.387833; 136.581556座標: 北緯35度23分16.2秒 東経136度34分53.6秒 / 北緯35.387833度 東経136.581556度 / 35.387833; 136.581556
設立 1927年1月15日
業種 陸運業
法人番号 2200001013813
事業内容 鉄道事業
代表者 代表取締役 箕浦 治夫[1]
資本金 2,500万円[1]
純利益 1983万3000円(2018年03月31日時点)[2]
総資産 9億5079万2000円(2018年03月31日時点)[2]
決算期 3月31日
主要株主 矢橋大理石株式会社 11.9%
矢橋 修太郎 9.5%
清水 俊男 8.2%
上田石灰製造株式会社 7.0%
矢橋工業株式会社 5.0%
2016年3月31日現在)
テンプレートを表示

大垣市西北部にある金生山から産出される石灰石輸送を行っている。路線は東海道本線の支線美濃赤坂線の終点である美濃赤坂駅を起点に市橋線昼飯線の2路線を有していたが、2006年に昼飯線が廃止され市橋線のみとなっている。

同じく大垣市に路線を持つ第三セクター会社の樽見鉄道の筆頭株主で、過半数を占める51%を出資する。

なお、同じく岐阜県大垣市に本社のある大手運輸業会社の西濃運輸やその持株会社のセイノーホールディングスとは資本的、人的ともに関係はなく、会社の成り立ち自体も全く異なる。

目次

歴史編集

金生山は石灰石・大理石の産地であり、その輸送は馬車や近くの杭瀬川を利用した水運で行われていたが、輸送力の限界から鉄道敷設が計画され1928年に市橋線・昼飯線が開業した。

いずれの路線も貨物線であるが、市橋線は戦前の1930年から1945年まで旅客営業を行っていたことがあり、国鉄(当時は鉄道省)のガソリンカーが直通運転していた。

  • 1927年昭和2年)1月15日 - 会社設立。
  • 1928年(昭和3年)12月17日 - 市橋線、昼飯線が開業。貨物営業のみ。
  • 1930年(昭和5年)2月1日 - 市橋線で旅客営業開始。
  • 1945年(昭和20年)4月1日 - 旅客営業廃止。
  • 1964年(昭和39年)11月 - ディーゼル機関車使用開始。
  • 1966年(昭和41年) - この頃に蒸気機関車の使用廃止。
  • 2006年平成18年)3月31日 - 昼飯線と市橋線一部区間が廃止。
  • 2013年(平成25年)1月31日 - 通運事業子会社である西濃鉄道通運の事業を赤坂通運へ譲渡、同社を解散。

路線編集

営業路線
実際に定期貨物列車の設定があるのは途中の乙女坂駅まで。
市橋線乙女坂駅近くの石引神社の境内を線路が横切り、名撮影地となっている。
廃止路線[3]

車両編集

現有車両
過去の車両

脚注編集

  1. ^ a b 第140期決算公告、2018年(平成30年)6月7日付 「官報」(号外第122号)48頁。
  2. ^ a b 西濃鉄道株式会社 第140期決算公告
  3. ^ 松本典久 (2013). “西濃鉄道”. 貨物列車ナビ2013-2014: 70. 

参考文献編集

  • 白井良和 (1965). “西濃鉄道”. 鉄道ピクトリアル No. 173 (1965年7月臨時増刊号:私鉄車両めぐり6): pp. 10, 53-58. (再録:『私鉄車両めぐり特輯』2、鉄道ピクトリアル編集部、鉄道図書刊行会、東京、1977年。
  • 寺田裕一『データブック日本の私鉄』ネコ・パブリッシング、2002年。ISBN 4-87366-874-3
  • 清水武『西濃鉄道』ネコ・パブリッシング、2007年。ISBN 978-4-7770-5222-6

関連項目編集