西田典之

西田 典之(にしだ のりゆき、1947年(昭和22年)3月2日 - 2013年(平成25年)6月14日)は、日本の法学者東京大学名誉教授。専攻は刑法熊本県熊本市出身。

西田典之
人物情報
生誕 (1947-03-02) 1947年3月2日
日本の旗 日本 熊本県熊本市
死没 (2013-06-14) 2013年6月14日(66歳没)
出身校 東京大学法学部
学問
研究分野 刑法
研究機関 東京大学
学習院大学
影響を
受けた人物
平野龍一
テンプレートを表示

目次

人物編集

日本刑法学会理事長平野龍一門下。

元々は九州大学を志望していたが、両親の希望に沿い東京大学文科Ⅰ類に入学。在学中に司法試験に合格し、卒業後は弁護士となるつもりであったが、大学側から誘いがあったため、研究者として大学に残ることを選択した。

2013年6月14日、心不全のため死去[1]。66歳没。

学説編集

その刑法学説は、師の平野と同じく結果無価値論を基本とする。出世作は、後掲『共犯と身分』である。この点に関し、判例は、刑法65条1項を真正身分犯についての規定、2項を不真正身分犯についての規定と解していたが、平野は真正身分は違法身分であるから連帯的に作用し、不真正身分犯は責任身分であるから個別的に作用すると解していた。これに対し、西田は真正身分、不真正身分の区別を不合理と批判した上で、平野説を徹底させ、1項を違法身分についての規定、2項を責任身分について規定として理論的に整理し直した。

略歴編集

主著編集

  • 共犯と身分』(成文堂、1982年)
  • 『共犯と身分(新版)』(成文堂、2003年)
  • 『共犯理論の展開』(成文堂、2010年)
  • 『判例刑法総論 第6版』(共著)(有斐閣、2013年)
  • 『判例刑法各論 第6版』(共著)(有斐閣、2013年)
  • 『刑法総論 第二版(法律学講座双書)』(弘文堂、2010年)
  • 『刑法各論 第六版(法律学講座双書)』(弘文堂、2012年)

門下生編集

脚注編集

外部リンク編集