西田拓也

日本の将棋棋士

西田 拓也(にしだ たくや、1991年8月25日 - )は、日本将棋連盟所属の将棋棋士森信雄七段門下。棋士番号は309[1]

 西田拓也 五段
名前 西田拓也
生年月日 (1991-08-25) 1991年8月25日(32歳)
プロ入り年月日 2017年4月1日(25歳)
棋士番号 309[1]
出身地 京都府京都市
所属 日本将棋連盟(関西)
師匠 森信雄七段
段位 五段
棋士DB [1].html 西田拓也
戦績
一般棋戦優勝回数 1回
2022年2月11日現在
テンプレートを表示

略歴

編集

5歳の時に父が買ってきた本を読んで将棋を始めた。2003年、京都市立東和小学校6年時に第28回小学生将棋名人戦でベスト4(西日本大会で里見香奈に勝利し決勝大会に進出したが、準決勝で杉本和陽に敗退)[2]。中尾修指導棋士七段に教わり、中尾の弟弟子の森信雄門下となり2005年4月に奨励会入会[3]

三段リーグには2008年の第44回から参加するも、4期目に3勝15敗で降級点を取ってしまい、10期目には13勝5敗の成績を上げるも次点となるなど、なかなか四段昇段を決められず苦しんだ。

年齢制限が迫る中、勉強方法を変え研究会の数を減らし一人で研究する時間を増やしたのが転機となり[4]、17期目の第60回奨励会三段リーグ戦では開幕から14連勝と絶好調で、2017年2月4日に行われた例会で2位以内を確定し、最終日を待たずに四段昇段を決めた[3]。最終成績は15勝3敗(同時昇段は12勝6敗の杉本和陽)[1]。2017年10月22日、第7期加古川青流戦3番勝負で、前期優勝者の井出隼平四段を2勝1敗で破り棋戦初優勝を果たした[5]

2020年度の朝日杯将棋オープン戦では予選を勝ち抜き本戦進出。本戦では千田翔太(前回優勝者)と深浦康市を破り、四段でのベスト4進出と健闘するも、準決勝で三浦弘行に敗れた。

2021年2月19日付けで勝数規定で五段に昇段[6]

2021年12月3日、第93期棋聖戦二次予選・決勝で菅井竜也に勝って本戦トーナメント出場。2022年2月10日、第80期順位戦C級2組において本田奎に勝ち、9連勝で最終局を残した状態でC級1組昇級を決めた[7]。2月10日は師匠の誕生日であり、「師匠には心配をかけてばっかりで、いい報告ができると思うと嬉しいです」とコメントした[8]

棋風

編集

振り飛車党の攻め将棋[9]。得意戦法は振り飛車穴熊[3]。いきなり1手目7八飛戦法で、相手の意表を突くこともある[10]

人物

編集
  • 奨励会の頃から、インパクトのある独特の黒縁眼鏡で知られる。師匠の森信雄は、「和服姿は若旦那風」との寸評を述べている[11]
  • ポケモン好きで、「厨ポケ狩り講座」など有名どころのポケモン実況動画はほとんど見ていると語っている[12]。印象に残っている映画として「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」を挙げ、「好きなポケモンを三匹教えてください」という質問には「ママンボウラティオススターミーですかね」と答えている[13]
  • 趣味はカラオケ。好きな歌手はaikoいきものがかり西野カナ[14]
  • 地元の京都で行われた王座戦の解説でABEMAの中継に現地から出演した際、スタジオにいる同門の室谷由紀から「西田先生はスイーツ好きなんですよね。京都のおすすめは?」と聞かれたが、「すみません、申し訳ないんですけど実は和菓子が苦手で…」と告白した[15]
  • 2022年の第5回ABEMAトーナメントでは兄弟子の糸谷哲郎からドラフト2巡目で指名され、糸谷、黒沢怜生とチーム「乾坤一擲」を結成。チーム力を高めるため火渡り滝行に挑戦したが、本戦トーナメント2回戦で敗退した[16]
  • ABEMAトーナメント2023では、大会初出場でリーダーを務める弟弟子の千田翔太から1巡目で指名され(増田康宏近藤誠也をくじ引きで外したことによるハズレハズレ1巡目)、2巡目指名の現役最年少棋士・藤本渚とチームを結成。

昇段履歴

編集

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2005年04月00日 : 奨励会入会
  • 2008年04月00日 : 三段(第48回奨励会三段リーグ<2008年度後期>からリーグ参加)
  • 2017年04月01日 : 四段(第60回奨励会三段リーグ優勝) = プロ入り
  • 2021年02月19日 : 五段(勝数規定/公式戦100勝、通算100勝60敗)

主な成績

編集

棋戦優勝

編集

在籍クラス

編集
順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
(出典)順位戦 (出典)竜王戦
名人 A級 B級 C級 0 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組 決勝
T
1組 2組 1組 2組
2013 四段昇段前 27 6組三段 -- 0-1
2014 四段昇段前 28 四段昇段前
2015 四段昇段前 29 四段昇段前
2016 75 四段昇段前 30 四段昇段前
2017 76 C249 7-3 31 6組 -- 1-2
2018 77 C212 8-2 32 6組 -- 2-2
2019 78 C207 8-2 33 6組 -- 3-2
2020 79 C204 4-6 34 6組 -- 3-2
2021 80 C233 9-1 35 6組 -- 3-2
2022 81 C129 4-6 36 6組 -- 2-2
2023 82 C122 6-4 37 6組 --
2024 83 C113 37 6組 --
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。右欄の数字は勝-敗(番勝負/PO含まず)。
順位戦の右数字はクラス内順位 ( x当期降級点 / *累積降級点 / +降級点消去 )
順位戦の「F編」はフリークラス編入 /「F宣」は宣言によるフリークラス転出。
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

年度別成績

編集
公式棋戦成績
年度 対局数 勝数 負数 勝率 (出典)
2017 40 25 15 0.6250 [1]
2018 48 32 16 0.6666 [2]
2019 38 25 13 0.6578 [3]
2020 39 21 18 0.5384 [4]
2017-2020
(小計)
165 103 62
年度 対局数 勝数 負数 勝率 (出典)
2021 44 34 10 0.7727 [5]
2022 41 22 19 0.5365 [6]
2023 42 27 15 0.6428 [7]
2021-2023
(小計)
127 83 44
通算 292 186 106 0.6369 [8]
2023年度まで

著書

編集

脚注

編集

関連項目

編集

外部リンク

編集