西矢椛

日本の女性スケートボード選手 (2007-)

西矢 椛(にしや もみじ、2007年〈平成19年〉8月30日 - )は、日本スケートボーダー大阪府松原市出身[1]ムラサキスポーツ所属[2]2021年東京オリンピック終了時点で、日本人史上最年少のオリンピック金メダリスト[3]。また、日本人女性として初の21世紀生まれの金メダリストでもある[4]

西矢 椛
個人情報
国籍日本の旗 日本
生誕 (2007-08-30) 2007年8月30日(14歳)
大阪府の旗 大阪府松原市
身長155 cm (5 ft 1 in)
体重45 kg (99 lb)
スポーツ
日本の旗 日本
競技スケートボード
種目ストリート
クラブムラサキスポーツ
成績・タイトル
五輪2020年東京:女子ストリート;金
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 スケートボード
オリンピック
2020年東京 ストリート
世界選手権
2021 ローマ ストリート
X Games
2019 ミネアポリス ストリート

経歴・人物編集

家族でスノーボードをやっていたため、そのオフシーズンである夏の練習の一環としてスケートボードを始める[5]。友人と滑ることの楽しさや新たに技術を習得することの喜びなどを覚え、松原市立松原西小学校1年次から本格的に滑るようになる[5]。小学校卒業後は松原市立松原中学校へ進学し、スポーツパークまつばらで練習を続けている[6]

2021年2月にローマイタリア)で開催された世界大会で2位を記録し、同年に開催された2020年東京オリンピックの新競技であるスケートボード・ストリート女子競技の日本代表に選出される[6]。東京オリンピックでは金メダルを獲得し、日本人史上最年少(13歳330日)の金メダリストとなった[注釈 1]

戦績編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ それまでの日本人最年少記録は1992年バルセロナオリンピック競泳女子200メートル平泳ぎ金メダリストの岩崎恭子の14歳6日であった[3]。公式記録が残っている史上最年少金メダリストは1936年ベルリンオリンピック高飛び込み・3m板飛び込みのマージョリー・ゲストリングで13歳268日と西矢より2ヶ月ほど若い[7]

出典編集

  1. ^ “松原市在住の西矢椛(にしやもみじ)選手金メダル獲得!(東京2020オリンピックスケートボード・ストリート種目)” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 松原市, (2021年7月26日), https://www.city.matsubara.lg.jp/soshiki/kankou/15495.html 2021年7月26日閲覧。 
  2. ^ a b c 選手情報 - 西矢 椛 - 東京オリンピック・パラリンピックガイド”. 2021年7月26日閲覧。
  3. ^ a b c 13歳・西矢椛が金メダル! “岩崎恭子越え”日本勢最年少 銅の中山楓奈とダブルで表彰台【東京五輪スケートボード】」『中日スポーツ』、2021年7月26日。2021年7月26日閲覧。
  4. ^ スケボー女子・西矢が金!岩崎恭子超え日本史上最年少13歳 次は16歳でパリ五輪「優勝したい」」『スポニチAnnex』、2021年7月26日。2021年7月27日閲覧。
  5. ^ a b "スケボー女子・西矢が金! 岩崎恭子超え日本史上最年少13歳 次は16歳でパリ五輪「優勝したい」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 27 July 2021. 2021年7月27日閲覧
  6. ^ a b 中島隆「スケボー五輪代表は大阪の13歳女子、「笑顔で滑る」」『朝日新聞』、2021年6月26日。2021年7月26日閲覧。
  7. ^ 13歳330日の西矢椛、日本では最年少金メダリスト…世界最年少は13歳268日の米選手」『読売新聞』、2021年7月26日。2021年8月7日閲覧。
  8. ^ Japan dominate at the World Street Skateboarding Championships”. olympics.com (2021年6月7日). 2021年7月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集