メインメニューを開く

西福寺(さいふくじ)は、埼玉県川口市大字西立野にある真言宗豊山派寺院である。山号補陀落山観音堂三重塔がある。

西福寺(さいふくじ)
Sanjuu no tou.JPG
三重塔
所在地 埼玉県川口市西立野420
位置 北緯35度51分25秒
東経139度44分57秒
座標: 北緯35度51分25秒 東経139度44分57秒
山号 補陀落山
宗派 真言宗豊山派
本尊 阿弥陀如来
創建年 (伝)弘仁年間
正式名 補陀落山 西福寺
別称 百観音
文化財 三重塔(県指定有形文化財)
木造如意輪観音坐像(市指定有形文化財)
法人番号 9030005012244
テンプレートを表示

目次

歴史編集

弘仁年間(810年 - 824年)に空海(弘法大師)が国家鎮護のため創建したと伝えられる[1]

観音堂編集

観音堂には、西国、板東、秩父札所の100体の観音像が安置され、この一堂に参詣すれば、100か所の観音霊場参詣したと同じだけの功徳があるとされる[1]

三重塔編集

三重塔は、江戸幕府三代将軍徳川家光の長女千代姫が奉建したもので[2]、高さ約23 mあり、県下では一番高い木造の建造物である。塔内部には大日・弥陀・釈迦の3像が祀られている[2][3]。 棟札銘文によると、この塔は、元禄6年(1693年)3月27日に建立完成されたもので、かつては、櫓を組んで塔の頂上まで参詣者に登らせた時もあったが、現在では廃止されている。初層の組物間の蟇股(かえるまた)には十二支の動物を表している。

1972年(昭和47年)3月28日埼玉県指定有形文化財に指定された。

交通アクセス編集

脚注編集

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104

関連項目編集

外部リンク編集