メインメニューを開く

西端村(にしばたむら)は、かつて愛知県碧海郡にあったである。

にしばたむら
西端村
廃止日 1906年5月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 碧南市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
碧海郡
西端村役場
所在地 愛知県碧海郡西端村
 表示 ウィキプロジェクト

現在の碧南市の一部(油淵町、白沢町、札木町、三度山町、坂口町、上町、吹上町、湖西町、長田町、神田町、洲先町、半崎町、平山町)に該当する。

歴史編集

弥生時代から辺縁集落をなし、古代は幡豆郡に属し志貴庄の中にあったが、1605年(慶長10年)矢作川の本流が変わって以来碧海郡に属し、古くは西畠村と称した。

1246年(寛元4年)頃、大部分の村民が熊野修験道の影響下にあり(黄葉記)、1409年(応永16年)の『熊野道者日記』(大乗院記録)に「浦にしはた」とある。

中世は海辺船着の集落であったが、天台宗の浸透につれて北山・後畑・小清水の洪積台地に移行した。浄土真宗が盛んなのは蓮如との関係が深く、『本願寺伝』によれば1468年(応仁2年)蓮如が亀崎(現半田市)から舟で西端に上陸したときは「畷をへたてて遥かに西畠村の炊煙をのそむ」(上宮寺文書)景観であったという。以後集落は南に延び、上組から中村組・札木・下の切の集落となる。

近世を通じて本多氏の所領であった。本多忠相は1616年(元和2年)三河国碧海郡に、城ヶ入村(現安城市)・西端村を合わせて高1000石の領地を与えられ西端村に陣屋を構えたが、のちしだいに加増して1864年(元治元年)忠寛の代に1万500石余の大名に列せられ、西端藩を称した。

  • 1906年(明治39年)5月1日 - 米津村、西端村、東端村、根崎村、城ヶ入村、和泉村、榎前村の一部が合併し、淵辺村が発足。同日西端村は廃止。
  • 1906年(明治39年)5月7日 - 淵辺村が明治村に改称する。
  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 明治村大字西端(旧西端村)は住民投票により碧南市に編入される。


参考文献編集

関連項目編集