西米良村

日本の宮崎県児湯郡の村

西米良村(にしめらそん)は、宮崎県西部の児湯郡に属する九州山地のただ中に位置し、面積の96%を森林が占める山村である[1]。宮崎県内では最も総人口の少ない基礎自治体である。

にしめらそん ウィキデータを編集
西米良村
Karikobouzu bridge.jpg
西米良村旗 西米良村章
西米良村旗 西米良村章
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 宮崎県
児湯郡
市町村コード 45403-6
法人番号 8000020454036 ウィキデータを編集
面積 271.51km2
総人口 971[編集]
推計人口、2022年9月1日)
人口密度 3.58人/km2
隣接自治体 西都市小林市東臼杵郡椎葉村東諸県郡国富町綾町
熊本県球磨郡多良木町湯前町水上村
村の木 コウヤマキ
村の花 ヤマザクラ
村の鳥 メジロ
西米良村役場
村長 黒木竜二
所在地 881-1411
宮崎県児湯郡西米良村大字村所15番地
北緯32度13分35秒 東経131度09分16秒 / 北緯32.22636度 東経131.15444度 / 32.22636; 131.15444座標: 北緯32度13分35秒 東経131度09分16秒 / 北緯32.22636度 東経131.15444度 / 32.22636; 131.15444
村庁舎位置
外部リンク 公式ウェブサイト

西米良村位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
村内の山並み
村所(西米良村中心部)

地理編集

冬期は宮崎県としては珍しく気温が低く、降積雪が発生することもある。夏場は朝夕の気温が低い反面、九州山地によるフェーン現象により高温多湿である時も多く、降雨量も多い。2009年には、9日に9月としての最高気温36.4を記録している。また、2020年8月17日には宮崎県の観測史上最高気温を更新する39.7度を記録した[2]

隣接する自治体編集

地名編集

  • 板谷
  • 小川
  • 上米良
  • 越野尾
  • 竹原
  • 村所
  • 横野

歴史編集

15世紀初頭、菊池氏の末裔とされる米良氏が米良に移住。米良山14か村[3]の領主として当地を支配。江戸時代中期の承応年間(1652年1655年)以降、現在の西米良村小川にあった小川城(米良氏屋敷)を居城とした。米良氏は明治維新後に菊池氏に改姓した。

米良山は元和年間(1615年-1624年)に人吉藩の属地とされ、廃藩置県(1871年)の際には人吉県(後に八代県球磨郡の一部の扱い)となり、1872年に美々津県(宮崎県の前身)児湯郡に移管された。こうした歴史的経緯から米良地方は宮崎県(日向国)の他地域よりも熊本県(肥後国球磨地方との結びつきが強い。これは現在も飲酒嗜好にも表れており、西米良村では球磨焼酎(25度の焼酎、宮崎県内は20度の焼酎が主流)、特に高橋酒造の「白岳」が愛飲されている[4]

1889年5月1日町村制実施時に米良山は東西に分れ、西側が西米良村として村制を施行した。西米良村はこの後合併を経験することがなく現在に至る。なお、東側は東米良村として発足。一ツ瀬ダムの建設に際し1962年に西都市木城町に編入された。

行政編集

 
1967年から2017年までの役場庁舎(2008年撮影)

村政編集

村議会:定数8[5]

国政編集

衆議院小選挙区選挙では宮崎2区延岡・西都・児湯郡・東臼杵郡・西臼杵郡)に属する。近年選出の議員は以下のとおり。

宮崎県議会編集

本村と西都市で選挙区をなす。定数は1人。近年選出の議員は以下のとおり[6]

友好都市編集

産業編集

ユズを中心とした農業が中心。花卉栽培なども行われている。農林業の害獣であるニホンジカイノシシの駆除を兼ねて、それら野生動物の肉を食用に加工・出荷するジビエにも取り組んでいる[1]

観光編集

 
西米良温泉ゆた〜と。描かれているのは西米良村のイメージキャラクターでカリコボーズ(セコの米良地方における呼称)の「ホイホイくん」[7]

西米良村の観光客受け入れ策の一つに「西米良型ワーキングホリデー制度」というものがある。これは村と契約した農家の農作業を手伝う事によって小額の報酬(宿泊費用・食事費程度)をもらい、滞在費をほとんどかけずに村に滞在して観光ができるしくみである。

主な観光スポット
  • 西米良温泉ゆた〜と(食事もできる)
  • 双子キャンプ場
  • 百菜屋(食事と新鮮食材)
  • 小川城址公園
  • おがわ作小屋村(食事とお土産もの)
  • 湖の駅(食事とお土産もの)
  • 菊池記念館(菊池武夫公 旧別邸)
  • 西米良村 民俗資料館
  • 一ツ瀬ダム
  • かりこぼうず大橋

地域編集

人口編集

 
西米良村と全国の年齢別人口分布(2005年) 西米良村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 西米良村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

西米良村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


教育編集

村立

交通編集

空港編集

村内に空港はない。 最寄り空港は宮崎空港あるいは鹿児島空港である。

鉄道編集

村内に鉄道路線はない。最寄り鉄道駅は、距離および所要時間ではくま川鉄道湯前線湯前駅が最も近い。JRでは、JR九州日豊本線高鍋駅宮崎駅などが利用しやすい。

バス路線編集

  • 宮崎交通 - 西都市と西米良村を結ぶ路線を運行する。
    • 西都バスセンター - 杉安峡 - 一ツ瀬発電所 - 越野尾 - 村所駅 - 西米良温泉
  • 西米良村営バス - 西米良村内の路線と、湯前町と西米良村を結ぶ路線を運行する。
    • 村所駅 - 越野尾 - 小川車庫(村内)
    • 村所駅 - 米良山之口(村内)
    • 村所駅 - 吐合 - 湯前駅

1998年3月31日までは村内を通り宮崎市と湯前町を結ぶJRバス(旧国鉄バス日肥線があった。現在運行されている、西米良村と村外を結ぶ2路線はいずれも日肥線の代替路線である。村中心部にあり村内路線バスのターミナルとなっている村所駅はもともとは日肥線の自動車駅であった。日肥線廃止後、村所駅の待合室は10年以上にわたり日肥線時代のものがそのまま使用されていたが、2012年に西米良村商工会・JA西都西米良支所・物産館などを併設した木造の建物に建て替えられた。

道路編集

村内に高速道路はない。

西米良村出身の著名人編集

参考文献・脚注編集

脚注
[脚注の使い方]
  1. ^ a b 西米良ジビエ(2020年12月13日閲覧)
  2. ^ 西米良村で39.7℃ 宮崎県の最高気温更新 猛烈な暑さ続く”. FNN. 2020年8月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月19日閲覧。
  3. ^ 現在の西米良村、西都市西部(旧東米良村および旧三財村寒川)、木城町中之又にあたる。
  4. ^ 中村周作『宮崎だれやみ論 酒と肴の文化地理』鉱脈社、2009年 ISBN 978-4-86061-308-2
  5. ^ 西米良村議会議員選挙”. 選挙ドットコム. 2019年10月8日閲覧。
  6. ^ HOME宮崎県議会について:議員名簿(五十音順)西都市・西米良村選挙区”. 宮崎県議会. 2019年10月8日閲覧。
  7. ^ 西米良村商工会公式サイト内の説明

参考資料編集

外部リンク編集