メインメニューを開く

西行鼓ヶ滝」(さいぎょうつつみがたき)は、古典落語の演目の一つ。上方落語の演目である。単に「西行」とも「鼓ヶ滝」とも言う。基本的にしみじみとした話だが、笑福亭鶴光など、爆笑物に仕立て上げる演者もいる。元ネタとして能楽『鼓滝』があり、西行法師の歌行脚の物語として講談や謡曲でも演じられる[1]

あらすじ編集

歌の名所である、摂津の鼓ヶ滝に来た西行。「伝え聞く鼓ヶ滝に来て見れば沢辺に咲きしたんぽぽの花」と歌を詠んで悦に入っているうちにあたりが暗くなってしまい、あわてて近くの民家に宿を借りる。

そこに住んでいた翁、婆、娘の3人に、自作の歌を「音に聞く鼓ヶ滝をうち見れば川辺に咲きしたんぽぽの花[2](白百合の花)」と手直しされてしまう。素人の口出しとはいえ、元の歌より良くなっているのは認めざるを得ず、西行は自分の修行の足りなさを実感する。

ふと気づくと、あたりはまだ昼で、宿も何もない。西行は滝のほとりで、夢を見ていたのだった。

実はこの3人は和歌三神(住吉明神人丸明神玉津島明神)の化身で、慢心した西行を戒めるために現れたのだった。

落ちはこうして初心に帰った西行はやがて日本一の歌人となった、という語り落ちと、神に対し無礼を働いたのではと罰を恐れる西行に、一部始終を聞いた木こりが「恐れることはない。この滝は鼓でバチ(撥)は当たらない」という地口落ちがある。

作品の舞台編集

鼓ヶ滝は兵庫県神戸市や熊本県など各地に実在する滝だが[1]、この落語作品の舞台となっている「鼓ヶ滝」は、古来名所として知られ、摂津名所図会の「巻之七・豊嶋郡 河邊郡 上」にも登場している「多田 鼓ヶ滝」とされる。多田村は現在の川西市で、鼓ヶ滝は同市鼓が滝町(鼓滝駅の項目を参照)にかつて存在したとされるが、現存しない。現在の能勢電鉄猪名川橋梁付近にある岩がその名残だとされる。

能「鼓滝」編集

能に有馬の桜とその名所「鼓の滝」を主題とした『鼓滝』という作品があり、世阿弥作とも言われるが作者は不詳で15世紀頃には完成していたと言われる[3]。その中に、山中で帝の臣下に道を尋ねられた山賊の翁(実は滝祭神)が口にした古歌として「津の国の鼓の滝をうちみればただ山川のなるにぞありける」が登場し、「和歌にも詠まれた名所だから、教養ある都人のあなたのほうが山賊の私よりよく知っているだろう」とやり返す場面がある[3]。この歌の元となった歌は、『拾遺集』などに収録されている平安時代の和歌「おとにきくつづみのたきをうち見ればただ山河のなるにぞ有りける」であり、ここで詠まれている「つづみのたき」は肥後国鼓ヶ滝 (熊本市) と言われる[3]。平安時代に肥後の名所だった鼓の滝が能『鼓滝』で津の国の名所に変更されたのは、中世に有馬が湯治場として人気となったからとされる[3]。同時代の僧季瓊真蘂が日記に、有馬には鼓の滝が二つあり、西行法師が歌を詠んだ鼓の滝は「多田之鼓瀑」を指すと書いており、遅くとも室町時代には西行が有馬の鼓の滝で歌を詠んだという伝承は存在していたと推測される[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『開運和のお守り文様366日』藤依里子、PHP研究所, 2009、「三月二十七日鼓の滝文」の項
  2. ^ 江戸時代以前には"たんぽぽ"を"鼓草"と言っていたため
  3. ^ a b c d e 〈鼓滝〉と中世有馬石井倫子、日本女子大学『国文目白』 49, 27-35, 2010-03-17

外部リンク編集